インナービューティ まさかこの食材が⁉️ 朝食 老化

知らなかった! バナナを食べるのに最適な時間帯は?

  1. HOME >
  2. サプリ&フード >
  3. インナービューティ >

知らなかった! バナナを食べるのに最適な時間帯は?

1: バナナを毎日の習慣として食べています!

バナナを食べ始めたのは、確か幼少期頃、母が毎朝ヨーグルトに入れてくれたものから、今日に至ってます。

ここ数年前まで、バナナがこんなに美容と健康に良い食べ物とは知りませでした。

我が家は、主人と二人なのにバナナは1週間で4房以上は食べています。(一房=5本換算として)

バナナには、ビタミンB2と、美白効果が期待出来るビタミンCがとても豊富です。

更にバナナに入っている、ビタミンB6は優れものです。

肌荒れ予防に効果的で、毎日適量を食べていれば、肌荒れ無しの美肌になれるかも知れません!

私が肌荒れというものを、感じた事がないのは、もしかしたら長年バナナを食べ続けた結果だと思います。

 

1-1: バナナ効果

バナナには、カロテンが多く含まれていて、身体の中でビタミンAに変化します。

ビタミンAと言えば、皮脂や粘膜を健やかに保ってくれる成分です。(私は、ビタミンAもサプリメントで補っています)

また、食物繊維も豊富で、腸内環境を整えてくれるので、便秘気味の方にはお薦めの食材です。

お通じが、スムーズでないと美肌への道のりも遠くなってしまいますからね!

そして、バナナには、ポリフェノールが豊富に入っているんです。

ポリフェノールって、よく耳にしますがどんな、効果があるかご存知ですか?

まずは、ポリフェノール効果を簡単にお話しします。

 

1-2: ポリフェノール効果

 

ポリフェノールがもつ抗酸化作用は、人にも有効で、人の体内で生成される活性酸素を取り除いてくれるのです。

活性酸素は、体内の脂質を酸化させてしまい、老化や免疫機能の低下を引き起こしてしまいます。

活性酸素の影響で、皮膚の脂質が酸化してしまうと、シミやシワの原因をつくってしまう事にも繋がるそうです。

バナナの話しに戻りますね。

 

1-3: バナナの栄養成分

豊富な栄養

・タンパク質
・炭水化物
・食物繊維
・マグネシウム
・カリウム
・カルシウム
・鉄
・ビタミンA
・ビタミンB2
・ナイアシン
・ビタミンB6
・ビタミンC
・ビタミンE
・葉酸

栄養分の中でも特に、ビタミンB6はたんぱく質の代謝に欠かせない栄養素です。

そのため、たんぱく質を多く摂取してもビタミンB6を摂取し相乗効果を上げないと、たんぱく質をうまく身体に吸収できない事もあるのです。

体を構成する重要な要素である、たんぱく質が不足すると、身体機能に影響を及ぼし、免疫力の低下に繋がってしまう可能性があります。

免疫力を保つためには、ビタミンB6もバランスよく摂取する必要

があるのです。

 

1-4: バナナの効能

これだけのパワーをバナナが持っていたことをご存知でしたか?

ココがおすすめ

・集中力を高める効果
・整腸作用(便秘・下痢の改善)
・疲労回復効果(筋トレ前に食べるのは、◎)
・動脈硬化の予防
・免疫力アップ!

 

後は、大切なのはバナナの食べごろです。

 

1-5: バナナの食べ頃って?

黒い斑点が出てきた頃が食べ頃

なんですって!

私は最初、傷んできたのかなぁと思って慌てて食べていましたが、実は黒い斑点が出てきた頃が、シュガースポットと呼ばれていて、糖分が上がって食べ頃なんです。

これからの気温が上がる時期は、常温のままだと傷みやすいので、冷蔵庫の野菜室で保存すると、長持ちするそうです。

 

通りすがりのサル
バナナを1日食べる量は、どれくらいが適量なのか?

 

何でも良いからといって、食べ過ぎは✖です!

1日に適した量を食べる事続ける事で、効果効能を感じる事が出来るのだと思います。

makipon
バナナは、1日1本が適量です!

バナナと組み合わせて食べると、

より良い食材は「卵」

だそうです。

我が家は、長年朝食に、バナナとゆで卵の組み合わせで食べてました!

そして、バナナには睡眠の質を上げる効果もあるのです!

バナナの中には、睡眠の質を上げる物質の、トリプトファン・ビタミンB6・炭水化物が入っています。

睡眠の質を上げるには、メラトニンを出す為に必要な成分のトリプトファン・ビタミンB6・炭水化物なのです。

バナナには、この3つの成分がバランスよく入っているのです。

そして、バナナは摂取してから、15時間~16時間たってから、メラトニンが増え始めるそうです。

となると、

バナナを食べるのに最適な時間は、朝

と言う事になりますね!

 

1-6: まとめ

バナナは、何気に食べ続けていました。結果、肌にトラブルも今までなく過ごせているのでは、ないのかと思います。

バナナは、ビタミンB2と、美白効果が期待出来るビタミンCがとても豊富です。

バナナに入っている、ビタミンB6は優れものです。肌荒れ予防に効果的で、毎日適量を食べていれば、肌荒れ無しの美肌になれると思います。

バナナの効能

・集中力を高める効果
・整腸作用(便秘・下痢の改善)
・疲労回復効果(筋トレ前に食べるのは、◎)
・動脈硬化の予防

 

バナナの1日の摂取量は、1本です!

睡眠の質を上げたいのなら、朝に卵と組み合わせて食べるのが、より効果的です。

バナナは、果物の中でも1年中売っていて、お手頃で栄養価も高いので、毎日食べ続けるフルーツとして、私は一押しフルーツです。

 

と言う事で、今日はサクッとこの辺で!

 




昨日のblogは!

 

※今回のご提案は、あくまでも私自身が身をもって体験した結果であり万人の方が同じ試みを行っても、効果が必ずしも出るとは限りません。

 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いします😉

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-インナービューティ, まさかこの食材が⁉️, 朝食, 老化

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5