ナイトブラ バストアップ マッサージ 育乳

あなたのバストは大丈夫?崩れる年齢帯は30代後半から!崩れる前に知っておきたいこと!

2023年8月21日

  1. HOME >
  2. バストアップ >
  3. ナイトブラ >

あなたのバストは大丈夫?崩れる年齢帯は30代後半から!崩れる前に知っておきたいこと!

2023年8月21日

目次

バストが崩れる原因と対策!

 

 

女性にとって、バストは美しさを表現する重要なパーツの一つです。しかし、年齢やライフスタイルの変化、妊娠・授乳などの影響により、バストの形やハリが失われてしまうことがあります。そこで、バストが崩れる主な原因とその対策について詳しく解説します。

 

このblogでは、こんな疑問を持っている方へ向けての記事です!

知りたい人
Q.バストが崩れる原因を知りたい!
Q.バストが崩れないための対策を知りたい!

 

今回は!

あなたのバストは大丈夫?崩れる年齢帯は30代後半から!崩れる前に知っておきたいこと!

をテーマに、 崩れていくバストにフォーカスをあててみました!

 

最近なんだかバストが垂れてきた気ががするんだけど!
通りすがりのサル!

 

makipon
女性のバストは年齢とともに垂れ下がっていくことが多いんだよ!

 

え~でも そんな歳じゃないし!ショックだな~!
通りすがりのサル!

 

makipon
崩れる年齢帯は30代後半位から始まるよ! でも大丈夫!予防策として、正しいブラの選び方、バストマッサージ、そして胸筋トレーニングなどでしっかりケアする事がたいせつなんだ!

 

 

 

 

 




 

 

1:バストが崩れる原因

まず、バストが崩れる原因について確認しておきましょう。

 

1-1:加齢による影響

バストが崩れる原因は加齢や生活習慣などがありますが、個人差も大きいです。バストが崩れる年齢帯は30代後半から40代前半にかけてであることが多く、これは皮膚や筋肉、脂肪組織の衰えによるもので妊娠や授乳、無謀なダイエットなどの経験も、バストの崩れを招くことがある為、適切なバストケアを行うことが重要です。

 

1-2:ブラジャーの選び方による影響

適切でないサイズのブラジャーを着用することは、バストの形を崩す原因の一つです。ブラジャーがきつすぎたり、ゆるすぎたりすると、バストに適切なサポートが行き届かず、崩れやすくなります。したがって、正しいサイズのブラジャーを選ぶことが大切です。

 

1-3:姿勢の悪さによる影響

姿勢が悪いと、バストの形が崩れやすくなります。長時間同じ姿勢で過ごすことが多い場合や、運動不足が続く場合は、胸郭が圧迫されるためバストが崩れやすくなります。このような場合には、適度な運動を行うことや、姿勢の改善を行うことが重要です。

 

1-4:急激なダイエットによる影響

急激なダイエットは、バストに含まれる脂肪を減らすことになります。脂肪が減ることで、バストにボリュームがなくなり、形が崩れやすくなります。このような場合には、健康的なダイエットを心がけることが大切です。

 




 

1-5:乳房の形状による影響

乳房の形状によっては、バストの形が崩れやすい場合があります。たとえば、乳房が下を向いている場合は、重力の影響を受けやすく、バストが崩れやすくなります。

このような場合には、バストアップ効果のあるブラジャーや、バストアップマッサージなどを行うことが重要です。

 

1-6:健康状態による影響

健康状態が悪い場合にも、バストが崩れることがあります。たとえば、ストレスや疲れ、生活習慣病などが原因で、バストの形が崩れることがあります。

このような場合には、適切な休息やストレス解消法を取り入れることが重要です。

 

1-7:大胸筋の衰えによる影響

胸を支える役割はクーパー靭帯だけではなく、大胸筋も担ってくれているのです。しかし、残念ながら日常の生活では大胸筋を使う動きは、あまりないのです。

と言う事は、意識的に使い鍛えなければ日々衰えていってしまうのです。胸を支える大胸筋が弱くなっていくと、胸が脇・背中などに流れてしまい、垂れてしまうのです。

 

1-7:ホルモンバランスの乱れ

女性の身体はとてもデリケートなので、ちょっとした事でホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスの乱れは、肌のハリが無くなってしまい、バストも同時にハリが無くなってしまうと言うより、垂れてしまう感じになってしまいます。

 




 

2:バストが崩れないために

次にバストが崩れない方法を説明します。

 

2-1:大胸筋を鍛える

適度な運動を行うことや、バストを支える大胸筋を鍛える事も改善に繋がります。大胸筋は胸の下に位置する筋肉で、胸を支える役割を持っており、大胸筋が衰えると、胸の形や位置が崩れる可能性があります。

特に、年齢を重ねるとともに大胸筋が衰えることで、バストの下垂や形の崩れが引き起こされることがあります。適度な運動や筋トレによって大胸筋を鍛えることで、バストの形や位置を保つことができるかもしれません。

また、バストにマッサージをすることで、血行を促進することができます。血行が良くなることで、バストの形を維持することができます。バストアップ効果のあるマッサージ法には、リンパマッサージや、アロマテラピーなどがあります。

また、運動により血行が良くなり、バストに栄養を届けることができます。ジョギングやウォーキング、水泳など、バストに負荷がかからない運動がおすすめです。

 

大胸筋を鍛えるには?

バストアップには土台を鍛える!自宅で簡単に出来る 大胸筋トレーニング!

1: 私の大胸筋の基盤は自宅での筋トレです! 多くの女性が悩むバストアップには、バストを支える筋肉を鍛えることが大切です。バストを支える筋肉として、大胸筋があげられます。大胸筋は胸の形を決める上で非常 ...

続きを見る

 

2-2:適切なブラジャーを着用する

自分に合ったブラを使っていますか?最後にサイズを計ったのが、いつだか覚えていますか?何と、世の中自分に合っていないブラをつけている女性は8割位いるそうです。(下着売り場の友人に聞きました)

女性の身体はホルモンの関係で変化しやすいので、胸のサイズもずっと同じと言う事はありません!傷んでいなくても定期的に計ってもらって、正しいサイズのブラをつける事が大切です。

身体に合っていない、きついブラは圧迫される事で胸に老廃物が溜りやすくなり、血行が悪くなり、同時に栄養の供給が悪くなってしまうので、ハリが無くなり胸が垂れる原因が加速してしまいます。

ゆるいブラも、きついブラも脂肪があちこちに流れて、背中や二の腕に贅肉が付き、胸は小さく垂れ下がってしまい、形も崩れてしまいます。

 

ブラジャー関連記事はこちらから!

ブラの寿命 と替え時のタイミングは?

1: ブラの寿命と替え時のタイミング!   世の中には、お洒落で素敵な下着が沢山あります。 ですが、機能的にはどうなんだろう? 着用して洋服を着た時に、綺麗に見えるのか? 見た目を素敵でも、 ...

続きを見る

 




 

2-3:姿勢に気を付ける

姿勢が悪いと、バストの形が崩れやすくなります。長時間同じ姿勢で過ごすことが多い場合は、姿勢を変えるようにしましょう。また、運動不足が続く場合は、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

正しい姿勢でいることができるように、ストレッチや筋トレなどで背中の筋肉を強化することが大切です。また、座り方や立ち方にも気をつけましょう。デスクワークやスマートフォンの使用などで姿勢が悪い場合は、定期的に休憩をとり、姿勢を正して過ごすようにしましょう。

 

姿勢を直すなら!

口コミで話題の 腰痛 猫背矯正 ガードナーベルト(正規品)を使ってみた結果!

1: ガードナーベルト(正規品)を使ってみた! ガードナーベルトってご存知でしょうか? 平たく言えば、腰をサポートするコルセットのようなベルトです! 実は、このベルトを初めて付けた時の衝撃が凄いんです ...

続きを見る

 

2-4:ダイエットに注意する

急激なダイエットは、バストの形を崩す原因になります。バストに含まれる脂肪を減らしすぎないよう、健康的なダイエットを心がけましょう。また、バストアップ効果のある食材を取り入れることで、バストの形を維持することができます。

過度なダイエットは、バストの形やハリを失わせる原因となることがあります。適度なダイエットを行い、バストの形やハリを維持するようにしましょう。

 

ダイエット関連の記事はこちらから!

1日 16時間の ファスティング (断食) ダイエット を試してみた結果!

1:噂のファスティングを1日に16時間だけやって身体への変化はあるのか? 太った気がするけど、体重計に乗るの怖いからと現実から目をそらしていると、気が付いた時には薄着の季節で焦った!って事にもなり兼ね ...

続きを見る

 

2-5:食生活に気を付ける

バストの形を保つためには、栄養バランスの良い食生活が大切です。たんぱく質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂ることで、バストの形を維持することができます。また、バストアップ効果のある食材を取り入れることも有効です。

 

栄養バランスの良い食生活

肌や筋肉、脂肪といった組織を作るためには、バランスの良い栄養素が必要です。特に、タンパク質、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、鉄分などは、バストのハリや形を維持するために欠かせない栄養素です。栄養バランスの良い食生活を心がけ、バストのハリや形を守りましょう。

 

バストアップに有効な食材関連の記事はこちらから!

バストアップに効果的な食材と理想の【バスト指数】とは?  

1: バストアップに効果的な食材と理想の『バスト指数』とは?    綺麗にバストアップするには、毎日育乳に有効な食材を摂りつつ、週2回位で良いのでバストUPの為のトレーニングが必要だと思いま ...

続きを見る

 




 

バストアップ 効果 があると言われている 味噌汁 を10ヶ月間 毎日飲み続けた結果?

1:お味噌の意外な力を知ると飲まずにはいられなくなります! お味噌汁の凄さを知ってから、お味噌汁を飲み続けています。 それまでは、気が向いたら飲む程度だったのですが、この事実を知ってからは極力、食事に ...

続きを見る

 

2-6:バスト用プクリームの利用

バスト用クリームは、バストのハリや形を維持するために必要な栄養素を補うことができます。特に、大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカ、コラーゲンなどは、バストアップに効果的な成分として知られています。しかし、必要以上に摂取することは避け、適切な量を守るようにしましょう。

 

バスト用クリーム関連の製品はこちらから!

【人気のバスト用クリーム】ピーチジョン ボムバストクリームリッチを使い続けた結果

1: バストケアの必要性 顔のシミや皺は気にして、高い美容液や美容外科で施術は受ける人もいますが、見えないバストについてはある調査で全体の84%は日々のバストケアをしていないそうです。 顔は、出ている ...

続きを見る

 

2-7:ナイトブラを試してみる

寝る時に何かを着けて寝るのは苦しいからと言って、ノーブラで寝る方もいますが、実は寝ている時間が最もバストが崩れてしまうそうです。

なので、ナイトブラは必須なんです!

 

何故ナイトブラを着けた方が良いのか?

寝ている間に寝返りうったりで、身体は動きます。柔らかいバストは脂肪でできてる為、動くたびに脇や背中に流れるのを保護する為や、仰向けに寝ている時に、重力や流れるのを支えるのがナイトブラの役目です。

そして、ノーブラでの就寝は胸の形が崩れずだけではなく、サイズダウンになってしまう可能性も💦

そうなると、日中のブラを着けた際、形が崩れてしまった胸はそのままの状態で、洋服着ても、スッキリ着れませんね!

 

ナイトブラの記事はこちらから!

 




 

ナイトブラでバストアップ!?ナイトブラの育乳効果と種類について徹底解説!

ナイトブラは育乳効果があるの? ナイトブラは、就寝中に着用するブラジャーで、胸をサポートするためのものです。最近、ナイトブラは育乳効果があると言われていますが、これは本当なのでしょうか?この記事では、 ...

続きを見る

 

2-8:ストレスの解消

ストレスを感じた場合は、リラックスする時間を作ることが大切です。ストレス解消法には、入浴、アロマテラピー、マッサージ、ヨガなどがあります。また、ストレスを感じたら、深呼吸やストレッチ、ウォーキングなどでリフレッシュするようにしましょう。

 

ストレス解消関連の記事はこちらから!

バストアップや美容効果に良いお風呂の温度とは?

1:バストアップはお風呂に浸かる「ながら美容」で! お風呂の温度は40度前後で、少し熱い位が良いそうです。 ぬるめのお湯は身体の代謝が良くならず、美容効果に期待は望めません。 半身浴を美容の為にやって ...

続きを見る

 

2-9:睡眠の改善

睡眠の質を高めることで、ストレスホルモンの分泌を抑えることができ、バストのハリや形を維持するために必要な栄養素が上手く運ばれるようになります。また、寝る前にマッサージをすることで、血行を促進し、バストに栄養を届けることもできます。

 

睡眠関連の記事はこちらから!

内臓年齢 を上げない為の食事法と 空腹睡眠 とは?

1:内臓年齢を上げない為の食事法と空腹睡眠の有効性 今回の記事は、年間を通して体を健康に、そして無事に過ごす為の食生活に関してです。 何度もブログに書かせて頂いていますが、体に摂り入れる物で、肌・髪・ ...

続きを見る

 




 

3:まとめ

バストが崩れる原因として、年齢やブラジャーの選び方、姿勢の悪さ、急激なダイエット、乳房の形状、健康状態が挙げられます。

適切なブラジャーの着用、筋トレ、姿勢の改善、マッサージ、健康的なダイエット、バストアップグッズの利用、食生活の改善を組み合わせることで、バストの形を維持することができます。注意点としては、過剰な期待を持たず、適切に利用することが大切です。

 

1. 適切なブラを選ぶ

ブラジャーはバストを支えるために重要です。正しいサイズのブラジャーを選ぶことで、バストを引き上げ、崩れを防ぐことができます。

 

2. マッサージをする

バストマッサージは、血行を促進し、バストの形を整えるのに役立ちます。マッサージオイルを使用することで、肌の保湿も同時に行うことができます。

 

3. 適切な姿勢を保つ

正しい姿勢を保つことで、背骨のカーブを維持し、バストの崩れを防ぐことができます。

 

4. 運動をする

バストを支える筋肉を鍛えることで、バストの崩れを防ぐことができます。特に胸筋トレーニングが効果的です

 

5.健康的な生活習慣

健康的な生活習慣を心がけることも大切です。ダイエットに偏り過ぎて体に負担をかけるような、偏った食生活は避けましょう。

 

 

ダイエット関連の記事はこちらから!

ダイエット を 楽しみながら 健康的 に 痩せよう!

ダイエットを無理なく健康的に痩せる為のリンク集! ダイエットして、食事制限しても中々痩せないのは、痩せないなりの理由があると思います。 ダイエットの基本は 脂肪を落とすことです! 正しい知識を理解して ...

続きを見る

 

スキンケア関連の記事はこちらから!

毛穴・シミ・シワの総合リンク集

毛穴・シミ・シワの総合リンク集 紫外線が厳しい季節に一生懸命、UVケアと美白にどんなに時間を費やしても、毛穴の詰まりがあれば、スキンケア商品の有効成分の効果は正直、期待出来ません! なので、大切な事は ...

続きを見る

 

育乳関連の記事はこちらから!

素敵なバストを育てる為のリンク集

素敵なバストを育てる為のリンク集 魅了的なバストUP方法やバスト崩れを予防するのは、バランスのとれた食事・ナイトブラ・サイズの合った下着・大胸筋の筋トレ等を習慣として行わないと維持出来ないと実感してい ...

続きを見る

 

※今回のご提案は、あくまでも私自身が身をもって体験した結果であり万人の方が同じ試みを行っても、効果が必ずしも出るとは限りませんので、宜しくおふくみおきください。

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いしますね!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 



  • この記事を書いた人

maki

-ナイトブラ, バストアップ, マッサージ, 育乳

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5