インナービューティ サプリ&フード ダイエット 便秘解消

知ってて良かった! ハチミツ と オリゴ糖 どちらを食べるべきか?

  1. HOME >
  2. サプリ&フード >
  3. インナービューティ >

知ってて良かった! ハチミツ と オリゴ糖 どちらを食べるべきか?

 

今回のblogでは、こんな事が気になる方へ向けての記事です。

 

知りたい人
Q.オリゴ糖とハチミツって、使い分けてる?
Q. なんで、オリゴ糖が話題にされているの?
Q. そもそも、オリゴ糖ってなんだろう?

 

普段、砂糖を使わないので甘味料として使っているのは、オリゴ糖とハチミツなんですが、実際どちらが目的にあっているのか調べてみました。

ダイエット目的で選ぶならオリゴ糖の方がお勧めで、健康維持で選ぶなら、ハチミツが良いみたいです

 

マキポンはオリゴ糖って使っているの?
通りすがりのサル!

 

makipon
もちろん、使っているわよ!毎朝、ヨーグルトに入れてるよ!

 

それで、何か効果はあったの?
通りすがりのサル!

 

makipon
オリゴ糖は善玉菌として腸内に有効な働きをしてくれる、ビフィズス菌と相性が良く、その影響かはわからないけど、便秘は全くないわよ!

 

この記事を読むメリット

・オリゴ糖がなぜ、美肌・便秘症に効果が期待できるかが理解できる!
甘味を使う場合に、白砂糖は使用しない理由が理解できる!

この2つを主に解説していきます。

 

この記事を書いた人 makipon

1: 数年間、某一部上場製薬企業で『美肌アドバイザー』の仕事に従事し、その時の実績と経験を生かし、お金をかけず美肌でいられるblog (makipon.com)を発信  
2: さらに某一部上場企業のファッション業界にも16年在籍し、店長としての経験を生かし顧客様のパーソナルスタイリストもしております。
3: 音大を卒業し、現役ピアノの講師をやっています。
4: 自ら全身の筋肉をバランス良く綺麗に鍛える為、週に3回の筋トレと週1回のフィットネスboxingを約4年間続けています。

 

 

 




 

1: 目的によって 使い分けが良さそう!

 

1-1: オリゴ糖が話題にされている理由とは?

善玉菌である「プロバイオティクス」をヨーグルトなどの発酵食品やサプリメントなどを摂取する事が「腸活」のトレンドでした。

しかし腸内に留まっている時間はそれほど長くなく、定着せずに出て行ってしまう為、腸内にある善玉菌を増やす作用の「プレバイオティクス」を如何に摂取するかが話題となっています。

「プレバイオティクス」には、食物繊維とオリゴ糖がありますが、オリゴ糖は善玉菌として腸内に有効な働きをしてくれる、あの『ビフィズス菌』と非常に相性が良く、母乳にも含まれている成分です。

オリゴ糖は、ごぼう、にんにく、バナ、大豆、たまねぎ、アスパラガスなどの食品にも多く含まれているため、食材として食事に取り入れるのも良いでしょう。

 

1-2: そもそもオリゴ糖って何なんだろう?

砂糖を原料に酵素を作用させて作られているフラクトオリゴ糖や、大豆から天然成分を抽出、分離させた大豆オリゴ糖が代表的ですが色々の種類があるんですね。

代表的なオリゴ糖

・フラクトオリゴ糖 
砂糖が原料で、玉ねぎやアスパラガスに含まれています。

・ガラクトオリゴ糖
乳糖が原料で、牛乳、母乳に含まれています。

・大豆オリゴ糖
大豆が原料です。

・乳果オリゴ糖
乳糖と砂糖が原料になっています。

・ラフィノース
砂糖の原料に使われ、ビートとは甜菜糖(てんさい糖)のことです。

 

1-3: オリゴ糖は、美肌・便秘症に良い女性の強い味方

オリゴ糖はやはり、腸活をサポートしてくれる働きがあるようです。

人間の身体では消化・吸収されにくい性質があって、ダイレクトに大腸まで到達して腸内に棲む腸内細菌の中で、健康に良い働きをしてくれるビフィズス菌の餌となる事で、腸内環境を整えてくれる事は確かな様です。

善玉菌を増やすと言う事は、肌荒れ・便秘などの肌トラブルの原因となってしまう有害物質・腐敗物質を腸内に生み出してしまう悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

と言う事は、腸活に役立つということになる様ですね。

 

1-4: オリゴ糖をとる際の注意点

体に良いと言われている食品や食材も、適切な量を摂取することが大切でオリゴ糖も、摂りすぎるとトラブルを引き起こしてしまう事もあるので注意が必要です。

一般的なオリゴ糖の適量は、1日あたり2~10gで、オリゴ糖を多量に摂取すると、場合によっては、下痢を起こしたり、おなかが張ったりする事があります。

オリゴ糖が腸内細菌に順応するタイミングも考えながら摂取するようにし、他の食品からの摂取量も可能なので、適量を摂取することが大切です。

身体に良いと言っても、どんな物でも摂り過ぎには注意です。

 

1-5: ハチミツの成分と効果について

ハチミツの成分

➊ハチミツの種類によっても少々違いますが、ハチミツの成分で最も多いのは、ブドウ糖と
加糖そして、水分
です。

➋ハチミツに含まれるビタミン⇒ビタミンB1・B2・B6・葉酸・ニコチン酸・パントテン酸・ピオチン・Ⅽ・K・コリン

➌カルシウム・鉄27種類のミネラル・22種類のアミノ酸・80種類の酵素ポリフェノールと約150の栄養成分を含むスーパーフードです。

 

ハチミツ効果

➊殺菌作用・粘膜の保護
高い殺菌作用効果がある事で注目を浴びているのは、マヌカハニーです。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がんの原因菌となる、ヘリコバクターピロリ菌に対しての高い殺菌作用があると立証されているようで、その他、食中毒の原因菌を除去する作用もあるとの事です。

➋ダイエット効果
ハチミツは、カロリーが砂糖の2/3程度で太りにくく、腸内を整えビフィズス菌を増やす効果がある為、便秘や下痢を抑えます。

➌美容効果
ビタミン豊富なので、美容効果高めです。
ハチミツは、190種類の豊富な栄養素が含まれています。完全栄養食とも言える食品だと思います。10種類のビタミン類・27種類のミネラル・80種類の酵素も含まれています。

 

肌への効果は、老化と酸化を防ぐエイジング・ビタミンCによるシワ・シミ予防、そしてハチミツに含まれているグルコン酸による肌荒れの防止もしてくれるそうです。

食べても、肌に塗っても効果を期待できると言えますね。

ハチミツは色々調べてみると、美肌・エイジングケア・免疫力UP血糖値を気にして、身体によい甘味料凄いスーパーフードなんですね!

オリゴ糖とハチミツはそれぞれに良さも効果も違うので、私は両方使う派です。

 

1-6: 甘味を使う場合に、白砂糖は使用しない理由

ココに注意

・身体の糖化が進んでしまう。
・酵素の働きを邪魔してしまう。
・活性酸素を沢山発生させる。
・腸内細菌が乱れる。
・ビタミン・ミネラルを失う。
・血糖が乱高下する。

などがあるので、食べない!買わない!使わない!

 

1-7: まとめ

日々、甘味として使う物も美肌・健康の為に良い物を摂りたいと言う事で、普段からオリゴ糖とハチミツを使っていますが、その効果について深堀してみました。

ダイエット目的で選ぶならオリゴ糖の方がお勧めで、健康維持で選ぶなら、ハチミツが良いみたいです。

 




 

ブログ村ランキング

 

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-インナービューティ, サプリ&フード, ダイエット, 便秘解消

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5