スキンケア 生活習慣 筋トレ&フィットネス

これが最強です! 肌を綺麗にする なら 規則正しい生活 を!

  1. HOME >
  2. スキンケア >

これが最強です! 肌を綺麗にする なら 規則正しい生活 を!

 

今回のblogでは、規則正しい生活の中で「知っているようで、中々出来ていない!」方へ向けての記事です。

 

知りたい人
Q. 規則正しい生活って具体的には?
Q. 適度な運動ってどのくらい?
Q. 摂るべき食材って何がいいの?
Q. 肌を綺麗にする為にする事って?

 

今回は「肌を綺麗にする なら 規則正しい生活 を!」の話しを主にしていきたいと思います。

女性なら肌が綺麗になりたいと願望をお待ちの方は当然ですが、何となく願ってはいるものの「できない!しない!忘れちゃう!めんどくさい!」等の人が多いのでは?

 

常に肌を綺麗に保つ為には、やはり毎日規則正しい生活を送る事!です。

なあんだ~!そんな事かぁ!と思われるかもしれませんが、中々難しいと思います。

では、具体的に美容と健康を意識した、規則正しい生活とは、どう言う事かをお伝えしたいと思います。

 

よく、規則正しい生活をしなさい!とは言われるんだけど!意外とめんどくさくて出来ていないかも?
通りすがりのサル!

 

makipon
規則正しい生活習慣は人ぞれぞれの価値観があると思うけど、今回は美容と健康にフォーカスを当ててお話するね!

 

あまり時間が無いから、要点をコンパクトにまとめてね!
通りすがりのサル!

 

この記事を読むメリット

良質な睡眠が理解できる!

適度な運動が理解できる!
・摂るべき食材が何かが理解できる!
・基本のクレンジングと洗顔が理解できる!

この4つを主に解説していきます。

 

この記事を書いた人 makipon

1: 数年間、某一部上場製薬企業で『美肌アドバイザー』の仕事に従事し、その時の実績と経験を生かし、お金をかけず美肌でいられるblog (makipon.com)を発信  
2: さらに某一部上場企業のファッション業界にも16年在籍し、店長としての経験を生かし顧客様のパーソナルスタイリストもしております。
3: 音大を卒業し、現役ピアノの講師をやっています。
4: 自ら全身の筋肉をバランス良く綺麗に鍛える為、週に3回の筋トレと週1回のフィットネスboxingを約4年間続けています。

 

 

 




 

1: 知っているけど、中々出来ていない規則正しい生活!

 

1: 規則正しい生活習慣とは?

 

決まった時間になるべく寝る事が重要で、その理由として22時~2時の間に、肌は再生される事は、皆さんご存知だと思います。

しかし22時に寝るのは、難しいので遅くとも、24時までには寝るように心掛けましょう。

更には、平日も休日も同じ時間に起きる事も大切です。

そして、やはり適度な運動は、健康的な綺麗な肌を保つ為には必須です!

 

ココがポイント

4つの基本

・睡眠
・運動
・食事
・そして美容

 

1-1: 最強の美容法は 眠りの質!

 

睡眠時間を効率よく「エステタイム」にするには、適切な睡眠時間と熟睡感だと思います。

睡眠時間を長くとれても質が悪ければ、何も意味がないそうです。

 

ココがポイント

熟睡できているかどうかのセルフチェック

・休日も関係なく、寝だめなどせず同じ時間に起きる。
・毎朝、起床後お腹が空いている。
・しっかり朝食をとる。
・朝、スッキリ目覚める。
・午前中に眠くて、仕事に支障がある事はない。

 

良質な睡眠をとてれいるかどうかは、成長ホルモンとメラトニンが握っています!

寝始めの3時間は成長ホルモンの存在が大きい為、深く眠る事が大切です。

成長ホルモンには細胞の新陳代謝を促して、昼間のダメージを修復してくれる働きがあるので、睡眠の質はとても大切なのです!

成長ホルモンは1日の分泌量のうち、約70%が何と睡眠中です。

午前0時~3時の間は成長ホルモンと同じ位が美肌作りに欠かす事が出来ない、メラトニンの分泌が盛んになります。

メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれており、熟睡にだけではなく、強い抗酸化作用があり、老化防止・抗ガン作用もあるそうです。

私は、起床が3:30時なので23時までには寝て、そこから寝始めの3時間が良い睡眠を摂る事を意識しています。

 

1-2: 良質の睡眠をとれず 寝不足になってしまうと?

睡眠不足になり成長ホルモンの分泌が不足してしまうと、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅れてしまいます。

寝不足により成長ホルモンの分泌が減少すると、皮膚繊維芽細胞の働きも弱まってしまいます。

皮膚繊維芽細胞の働きは加齢によっても低下していってしまい、睡眠の質に気を使わないと、コラーゲン・エラスチンも減ってしまい、肌の調子が悪くなってしまいます。

 

1-3: 美容によい睡眠とは?

 

睡眠時間の長さと言うより、自分がすっきり起きれる時間なので、5時間~8時間前後で人それぞれです。

ココがポイント

寝てから3時間が大切!
カフェインの過剰摂取は避けます。
お風呂に入る時間は寝る時間の、90分前までに済ませます。
・適度な運動をする。
・寝る前にコップ1杯の水を飲む。就寝中は汗をかくので水分不足になりやすく、水分補給は大切です。
・バランスの良い食事

季節の変わり目は、体調も崩しやすいので自分にあった良質な睡眠時間を確保する事が、美容・健康の為になります。

私は、毎日ほぼ5時間睡眠ですが、とても元気です!

 

1-4:  睡眠の質を高めるためには?

 

深呼吸で自律神経を整える

これは、ヨガの先生に教えて頂いた事です。人の身体は自分の意思とは関係なく自律神経が常に働いています。

日中に受けるストレスが大きいと交換神経が優位のまま夜になっても副交感神経がうまく機能しない時があります。

夜になったらスムーズに副交感神経が優位にならないと、寝つきが悪くて眠りも浅くなってしまいます。

ここで、ヨガで行う深い深呼吸が副交感神経を優位にしてくれるのです。そうなると末梢の血流がよくなって手足が温まり自然に眠りにつきやすくなるのです。

就寝時が、美容には大切な時間です。

そして、お肌や内臓の修復には、最低でも6時間位かかるそうです。

なので、6時間は睡眠をとらないと肌トラブルがおきてしまう事になりかねません。

お肌が活発に生まれ変わるのは、成長ホルモンの分泌が始まる就寝から3時間です。

この時間を美容に使わないなんてもったいないです。

究極のながら美容ができる貴重な時間です。

 

2-1: 適度な運動

適度な運動は、肥満の改善や中性脂肪の分解、善玉コレステロールの増加、インスリンの作用向上などの効果が期待されています。

また、血圧を下げる作用などは、糖尿病、高血圧といった生活習慣病の予防・改善効果に繋がります。

実際に、1日30分を週2回(合計週60分)の運動習慣がある人は、無い人と比較して「生活習慣病の発症の回避が期待される」ということが報告されています。

 

筋トレ で 美肌 美髪 になれる 美容効果 とは?

  今回のblogでは、こんな事で悩んでいる方向けの記事です。   悩んでいる人 Q. 女子が筋トレするとムキムキになるんじゃないの? Q. 美肌・美髪ならエステやサロンの方が手っ ...

続きを見る

 

適度な運動をする肌への効果は?

適度な運動は、1番大切な睡眠を良質な物にする事、血行促進、ストレス解消など健康な美肌を手にいれる為には必要な事です。

 

肌への効果とは?

肌の新陳代謝(ターンオーバーの促進)
運動すると、リンパ流れを促す効果もあります。この効果により体内の老廃物を排出しやすくなります。そうなると肌へ栄養・酸素が届く様になります。

 

血色が良くなると?

肌のくすみ、目の下のくま、肌の乾燥、吹き出物、色素沈着によるくすみ、シミなどの改善にの手助けにもなり肌艶への効果あります。

 

美肌に必要な成分の生成のサポート

美肌を保つ為、肌の弾力に必要不可欠なコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を促す為には、線維芽細胞を活性化させる事が大切です。

 

運動をする事は、線維芽細胞の活性化、成長ホルモンの分泌量のUPにも効果が期待出来ます。

そして、年齢と共に失われてしまうコラーゲン、肌の水分量UPのサポートにもなります。

肌への効果を感じるのは、乾燥予防と改善で、肌の乾燥は、シミ・たるみ・シワの原因になってしまいます。

なので、肌の乾燥予防と美肌を目指すのなら運動が1番大切とも言えると思います。

 

年代別 適度な運動推奨時間

20代→180分間
30代→170分間
40代→160分間
50代→150分間
60代→140分間

 

バランスの良い食事を摂り、ウオーキングなどで、充分だと思います。

日々、ランニングしたりウオーキングしたり、家でできる筋トレしている事で、息きれたりする事なく動けて心地良く疲れたので、良い睡眠がとれました。

もしかしたら、運動をした方が良いと言う話ばかりで、うんざりと言う方もいるかもしれません・・・
顔や肌は、美容整形などで何とか老いを食い止められるかもしれませんが、身体・体型の老いは?と私は考えます。

人生100年時代と言われている世の中で、運動不足により今後起きてしまうかも知れない事を予防できればと思い、書かせて頂いています。

病気がちになり、足腰も弱くなり病院通いの老後を送る事にならないために予防する事は、今からでも遅くありません!

運動しない人はこうなってしまう危険が!

 

ココに注意

肥満の原因
基礎代謝は、年齢とともに低下します。それを考えて食事の内容も見直す事が必要です。

生活習慣病にかかりやすくなる運動不足による事で、密接にかかわる病気で、動脈硬化・高血圧・心臓病などの血液に関する病気が多いようです。

精神疾患・うつ病のリスクを高めてしまう
免疫力が落ちるだけではなく、運動不足は、自律神経系の働きなども抑えてしまいホルモンバランスも大きく乱れてしまうそうです。(女性には特に大切です)

仕事の効率が落ちやすくなってしまう
立ち仕事や、座りっぱなしのデスクワークなどは、筋肉がか固まってしまい血行が悪くなってしまいます。仕事の緊張で脳が疲れてしまいストレスが溜まる事で、仕事の効率が下がりがちになってしまいます。運動することで、筋肉を動かし血行を促進してくれます。

 

今の状況外に出れず、お家に籠っている方も多いと思いますが、できる事は、あります!

元の生活に戻れた時に、健康で迎えられますように!

 

おしりの筋肉 を鍛える事は 美ボディメイク の基本なのです!

今回のblogでは、こんなことで悩んでいる人向けの記事です。   悩んでいる人 Q. ウエスト周りのメリハリがなくなってきた! Q. お尻が四角くなってきた! Q.お尻のトップが下がってきた ...

続きを見る

 

3-1: 特に摂るべき食材は?

ビタミンEが多い食材を多く摂取する事をお勧めします。

ビタミンEは、肌の錆びを防ぎ老化防止のビタミンと言われています。不足してしまうとシミなどの、原因になります。

ビタミンEが豊富な食品

・かぼちゃ
・ブロッコリー
・ほうれん草
・緑黄色野菜
・大豆
・ナッツ

その他には、肌に良いと言えばコラーゲンですね!

 

コラーゲンの多い食材

・軟骨
・フカヒレ
・豚足

 

免疫力上げる食品

  【1位】ヨーグルト  ヨーグルトの詳細は、こちらから!
  【2位】納豆
  【3位】しょうが
  【4位】長ネギ
  【5位】にんにく
  【6位】きのこ類
  【7位】みそ
  【8位】レバー
  【9位】ブロッコリースプラウト
【10位】ワカメ

このランキングの中で、日々摂っている食材はいくつありましたか?私は、レバーとブロッコリースプラウト以外は摂ってました!にんにくに限り、毎日食べると、匂いがどうしても気になるので、サプリメントで摂取しています。

 

今日は、ランキングの中で免疫力UPだけでなく、内臓温度も上げる、生姜についてお話しします。

ココがおすすめ

生姜の効能

➊整腸作用
➋鎮痛作用
➌殺菌作用
➍鎮痛作用
➎血行促進作用
➏抗炎症作用
➐健胃

生姜の一日の適量の摂取量は、5g~10gが適量です。

良いのは、分かってるけど生姜を毎日摂るのは、どう食べてよいかわからない!

私も、買ってきてはダメにして捨てていましたから。

生姜に関しての詳細はこちらから!

最強のインナービューティ!生姜を毎日摂る事で期待できる効果とは?

目次 1: 冷えには、生姜!と言うイメージですが、実は美肌効果も!1-1: お味噌汁毎日飲む事で得る効果1-2: 生姜の期待出来る効果とは?1-3: 生姜のエイジングの効果1-4: 生姜の美肌効果1- ...

続きを見る

 

3-2: 便秘の改善は生活習慣にあります!

私もかつては(と言っても、中学生位ですが)ひどい便秘に悩んでいました。

その頃は、便秘薬やダイエット茶みたいな物を飲んでいました。

薬などに頼ると、自分の力で出るようにならないと聞いて、食物繊維が多い物を選んで食べたりしていました。

でもそこまでは改善されず、今はレモン入り白湯を飲み続けているので、すっかり改善!どころか、お通じが良すぎて・・・

 

レモン入り白湯

便秘症を放っておくと、お肌が乾燥によりカサカサになったり、吹き出物、ニキビができやすいお肌になってしまいます。なぜそうなってしまうかと言うと、大腸と皮膚はそれぞれの働きの関係性が深いからです。

便秘と肌荒れの因果関係は、便が大腸内に長時間、溜まっていると便の腐敗が進み悪玉菌が増えてしまいます。便秘をすると、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が妨げられる事で、肌の乾燥や肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

便秘予防の為の、日常生活のポイントは規則正しい生活・適度な運動・バランスの良い食事

 

3-3: 便秘予防・改善の食事のポイントは

➊起き抜けの水(白湯がお薦めです、レモンを入れると更に良い)

➋食物繊維を多く含む食材(野菜・豆類・海藻など)を多めに食べる。

➌善玉菌を含んでいる乳酸菌や発酵食品・善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖などで腸内環境を整える、適度な脂質も大切。イモ類や豆類、糖分などは腸内で発酵し大腸の動きを活発化させます。

 

やはり、腸内環境はとっても大切だと思います。

薬に頼るのは簡単なんですが、便秘は普段の食事を意識的に変えたり、水分もミネラルウォーターを白湯か常温の物を意識的に摂るようにすれば、改善されていくと思います!

 

4-1: 肌を綺麗にする為にする事は?

スキンケアの基本である、毎日のクレンジングと洗顔を丁寧にする事が何より大切です。

洗顔の泡立ちを良くする為には、手を石鹸で綺麗に洗ってから洗顔すると洗顔料の泡立ちがとても良くなります。(洗顔前の蒸しタオルまたは、スチーマーを浴びるのは効果的です)

洗顔をする前に、適温の温度(30度から32度で顔全体濡らします。そうすると毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。

泡を洗い流す時は、バシャバシャ洗いは✖です。優しくお湯をすくったお湯を流す感じで、泡の洗い残しが無いように丁寧に洗い流します。(この洗い流し方出来てない人多いそうです)

 

朝の洗顔 は マナラ モイストウォッシュゲル で 乾燥対策!

  今回のblogでは、こんな事が気になる方へ向けての記事です。   知りたい人 Q. 将来的にシワが酷くなる可能性が高いと言われた! Q. 肌質に馴染む洗顔が無く何が良いのか迷っ ...

続きを見る

 

4-2: 乾燥肌の方はここで注意!

普通の人の感じる温いお湯が熱すぎるので注意が必要です。(肌が乾燥してしまう原因です。)

洗顔料を泡立てる時は、泡の角がたつくらいの弾力とフワフワ感が出るまでしっかり泡立てて下さい。

水分を沢山入れてしまうと、泡が緩くなり綺麗に洗えません。

洗顔ですすぐ時は、顔の中心から外側・顎から上の方向へすると、顔が引き締まるそうです。

 

makipon
洗顔後、タオルでゴシゴシなんてまさか、拭いていないですよね?

 

丁寧に抑えながら優しく拭いて下さい。

因みに私は、極力肌を動かしたくないので、拭きません。

乾いてしまったら、即お肌の水分は蒸発していきますから!

規則正しいって、簡単な様で難しいのだと思います。

 

毛穴 や シミの予防 には基本のスキンケア が大切!

  今回のblogでは、こんな事で悩んでいる方向けの記事です。   悩んでいる人 Q. スキンケアって面倒だな~! Q. そもそも基本のスキンケアって何なの? Q. クレンジングと ...

続きを見る

 

2: まとめ

私の美容法は、高価な化粧品を使う事だけではなく、若々しい綺麗な肌を保つ方法を食生活や筋トレ等を通じて長年、色々試してきた事をブログに書いています。

その結果、若々しい健康的な年齢肌に負けない肌を保つには、規則正しい生活しかない!と感じています。

 

規則正しい生活とは?

・決まった時間に起きて、決まった時間になるべく寝る

良質な睡眠をとる
適度な運動をする
バランスの良い食事を摂る
基本の毎日クレンジングと洗顔を丁寧にする

 

これらが、何よりの美容法だと思います。

 




 

 

 

ブログ村ランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-スキンケア, 生活習慣, 筋トレ&フィットネス

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5