スキンケア

驚き~!満足度120%!冬の化粧水の塗り方

  1. HOME >
  2. スキンケア >

驚き~!満足度120%!冬の化粧水の塗り方

冬のスキンケアは、温めが大切!

 

気温が下がる冬は、肌も冷たい外気にさらされ肌表面も冷たくなりがちです。

そして、歳を重ねる事に女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少して、分泌する量にも変化があり、身体に冷えなどを感じやすくなります。

肌は、冬に特に肌の生まれ変わりのリズム(ターンオーバー)が乱れやすくなります。

そして古い角質が肌の表面に滞る事なく剥がれ落ちるには、人肌位の温かさと潤いが大切だと言われています。

どうしても冬に肌は冷たくなってしまい、空気が乾燥していると肌の潤いはどんどん奪われてしまいます。

なので冬は、古い角質がいつまでも肌に残っていて、肌のくすみ・ごわつきの原因となる季節で十分な注意が必要なんです。

これらの予防をする為には、まず身体の冷え予防をする事が大切で、女性ホルモン(エストロゲン)の減少を防がないとなりません。

 

女性ホルモン(エストロゲン)は、増やすという考えではなく、女性ホルモンを補うと言う考えが正しいようです。

 

年齢と共に減少してしまう女性ホルモン(エストロゲン)とは?

 

女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンがあり、黄体ホルモンがエストロゲンです。
このエストロゲンは女性の体内のかなり多めの代謝に関わので、皮膚・骨・血管の代謝を促すので美肌ホルモンと言われているそうです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、エストロゲンは皮膚の弾力性と保湿性を維持します。

 

エストロゲンが減ってしまうとどうなってしまうのか?

 

エストロゲンの分泌量が水準以上保たれていれば、肌のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が多めで若々しさを維持されます。
ですが、エストロゲン不足の人は、皮膚のハリがなくなりたるんでしまったり、潤いがなくなり肌がカサカサの乾燥状態になり肌の状態が常に不安定になります。

注意ポイント

・情緒不安定になりやすい
・ひげがで出来た
・爪に筋が入り、割れやすい
・顎に大人ニキビがよくできる
・適温なのに、火照りがある

 

これらの症状は、全てエストロゲンの減少によりおこる事かもしれません💦
その事が原因でコラーゲンが減少してしまったり抑えられていた男性ホルモンの影響が現れて起きてしまう現象です。

 

女性ホルモン(エストロゲン)を補うには?

 

生活習慣で当てはまるものがあった方はドキッとしてると思います💦

ポイント

・バランスの良い食事

・良質な睡眠

・適度な運動

 

では、実際にエストロゲンの減少を抑える方法と、女性ホルモンを減少させない為に私が長年摂っていて効果を感じている食材は以前にblogにかいてありますので、下記をご覧ください。

女性ホルモンが足りてない?と感じた時に摂って良かった物は?

目次 手遅れにならないうちに、女性ホルモンの減少を予防する為には?女性は、大豆イソフラボンを意識的にとるべき!何故、女性ホルモンが足りていないと、イソフラボンが必要なのか?女性ホルモン(エストロゲン) ...

続きを見る

 

 

冬の温めスキンケア

スキンケア一つ一つの肯定で化粧品を手の体温で温めて行う事で、肌のモチモチ感が続き化粧崩れなども少なくなると思います。

一つ一つのスキンケアアイテムは、肌が温かさで緩んでいると浸透がとても良くなります。

この全てのひと手間で肌の角質層までしっかり潤うのです。

 

ポイント

・冬のスキンケアのポイントは肌が温かい時にする事が大切です。

・夜なら、お風呂上がり肌が温かいうちにスキンケアをする。

・朝は、洗顔後肌が冷たいと思うので蒸しタオルまたは、スチーマーを浴びながらスキンケアをする。

 

 

私は、スキンケアの際は断然スチーマーを使用する派です。

 

 

スチーマーを使用してスキンケアすると、

ポイント

・肌が温まり、柔らかくなる。

・冷えて血行不良て硬くなった肌が、スチーマーを浴びると肌が柔らかくなり、その後のスキンケアが角質層まで浸透が良くなる。

・温スチーマーでケアすると、毛穴ケア・保湿効果も効果大です。

 

スチーマーがない場合は、蒸しタオルで顔にあてて肌を温めてスキンケアを行っても良いと思います。

スチーマーで5分程肌を温めた後は、スキンケアにはいります。

スチーマーにあたりながら、スキンケアアイテムを適量手にとり、手の平でしっかり温めてから、肌を包み込む様に塗布します。

その後は、ハンドプレスを3分づつします。

このひと手間で、スキンケア一つ一つの成分が肌に浸透して、肌に効果となって現れるのだと思います。

 

まとめ

 

冬のスキンケアをする時は、肌を冷やさない!

これがポイントだと思います。

それと、女性ホルモン(エストロゲン)の減少を予防する!

 

女性ホルモン(エストロゲン)を補うには?

ポイント

・バランスの良い食事

・良質な睡眠

・適度な運動

大切な事なので、繰り返しますが、

スキンケアをする際は、面倒でもスチーマーもしくは蒸しタオルで肌を温めてから行う。

スキンケア一つ一つの肯定で、手の体温でしっかり温めてから肌に塗布し、そしてハンドプレスする。

この方法は、某製薬会社の美肌アドバイザーをしていた時に、教わり実践し続けています。

そして、冬もモチモチ肌キープできています!

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!

 

 

CoCoに病魔に負けないように祈って頂ければ幸いです! こちらも更新しました!

 

お時間が御座いましたら是非、こちらも!

スキンケア&ボディケアにご興味のある方は、下記を是非ご覧ください! 表示されるまで、多少時間がかかるかも知れませんが、焦らずに宜しくお願い致します。

生活習慣・ボディメイク・食生活にご興味のある方は、下記を是非ご覧ください!

ストレッチ ボディケア ヨガ 二の腕

2021/3/8

夏に向けて薄着になる前に!二の腕 ストレッチ でマイナス2㎝!

目次 凄い効果が期待? 二の腕 痩せストレッチ ヨガとは!女性の二の腕平均サイズ美しい二の腕の理想サイズとは?二の腕痩せに効果ありヨガ効果的なマッサージポイントは?まとめ今日は日曜日なので、雑記blo ...

ReadMore

ブログ 健康グッヅ

2021/3/7

今日は日曜日なので、雑記blogでどうですか!2021.03.07

目次 1: 日曜日は、筆休めの「雑記ブログ」にさせて頂いています!1-1: 3月7日(日)今日の私の1日は?1-2: 『コルセットウエストニッパー』1-3: 姿勢が悪いと太りやすくなる1-4: 『メイ ...

ReadMore

ストレッチ ボディケア ヨガ

2021/3/6

知らなかったな~!硬い身体が及ぼす影響を!

目次 1: 早めに気付いて良かった!硬い身体が及ぼす影響を!1-1: 身体が硬いとどうなる?1-2: 加齢・日々の姿勢による歪みとは1-3: 股関節が硬くなるとどうなる?1-4: 股関節が硬いデメリッ ...

ReadMore

インナービューティ まさかこの食材が⁉️ 筋トレ&フィットネス 美肌

2021/3/5

最強の野菜!ブリッコリー!これを知ったら、食べずにはいられない!

目次 1: これを知ったら、食べずにはいられない!1-1: ブロッコリーの栄養1-2: ブロッコリーの効能・効果1-3: ブロッコリーの栄養を逃さない調理法1-4: ブロッコリーを電子レンジで加熱する ...

ReadMore

UVケア シミ・シワ・保湿 スキンケア

2021/3/4

油断大敵!今年もやって来ました!紫外線と乾燥の傾向と対策!

目次 1: 冬から春への季節の変わり目には十分に注意を!1-1: この季節の肌乾燥1-2: ゆらぎ肌って?1-3: 春のゆらぎ肌の原因1-4: 春のゆらぎ肌対策1-5: まとめ知ってて良かった!ハチミ ...

ReadMore

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-スキンケア

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5