スキンケア 美白 美肌

透明感の肌になるには、美白ケアが大切!

  1. HOME >
  2. スキンケア >

透明感の肌になるには、美白ケアが大切!

1: 美白肌になる為に、何をするべきか?

新型コロナウイルスが蔓延し、『緊急事態宣言』等、各地に発令させると外出する頻度もかなり減ってきました。

それに伴い、紫外線を浴びてしまう機会も減っているかも知れません。

その影響もあって、「美白」と言う言葉は遠い昔の話のように思われます。

さて美白の本来の意味は、

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ事で、その結果 肌がくすみのない透明感のある肌になる事で「美白」

と解釈される事もあります。

言葉の意味を知る事で、お肌への効果も変わってくると思います。

 

1-1: 意識的に摂る食材で美白肌も可能です!

日差しが強い季節になると、スキンケアも美白のラインに変えたり、美白のサプリメントを飲んだりします。

肌の透明感を保って、シミを防ぎたいのなら、美白ケアが良いと思います。

シミやくすみは、老けた印象になってしまいますからね。

そのシミ・くすみのない透明感のある肌を目指すのなら、今の季節からでも遅くないので、美白ケアを始める事をお薦めします。

そして、美しさとは食材によって身体の中から意識的に摂る事がとても大切です。

では、今の季節に積極的に摂ってる、お薦め食材をご紹介します。

 

1-2: 美白肌に必要な食材

美白肌に必要な食材

ビタミンⅭ
キウイ・レモン・青汁・もやし・パセリ・パプリカ

ビタミンB群
ほうれん草・ブロッコリー・アスパラ・春菊(身体の老廃物を出すデトックス効果もあり)

ビタミンE
アボガド・あん肝・アーモンド・モロヘイヤ

ビタミンEは、美肌にかかせないです! 

主には、

肌の乾燥を防ぎ、シミ・シワ・老化防止に必要不可欠で、ビタミンⅭと合わせると、相乗効果ありです。

 

1-3: 食材の効果的な摂り方

ただ、含有量が多くても間違えた調理法ではビタミン量が減ってしまうので注意が必要です。

食材を茹でたり、スープで召上る事をお勧めしますが、食材は水に浸かってから調理するとビタミンⅭは流れやすいので炒めたり、レンジで加熱の方が、ビタミンが摂取しやすいです。

また、ビタミンⅭは水溶性で身体に吸収されにくく、食材で充分な量を採るのは中々難しいので、出来ればサプリメントなどを1日何回かに分けて補う事も美白・美肌の為には良いと思います。

 

この季節のスキンケア

ビタミンⅭ誘導体ローション(不安定なビタミンⅭを肌に浸透しやすくした物)やハイドロキノンクリーム(肌の漂白剤とも言われていますね)

※通販などでも購入できますが、肌に塗る物なので皮膚科などで配合率を高い物が(保険適用になった場合)お手頃に購入できるし安心だと思います。

肌の透明感を保つには、肌のトーンを明るくする必要があります!

肌のトーンを明るくするには、肌のくすみの原因を知り、改善しなければなりません。

 

1-4: 肌のくすみの原因は?

肌の調子が良くなく、透明感がなかったり、顔色が悪く見えたりする!この現象は、もしかしたら「くすみ」かもしれません!

ココに注意

くすみの原因
➊角質層が厚くなると肌がくすむ加齢と共に肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の速度が落ちてしまいます。そうなると、古い角質細胞が肌の表面にたまってしまうと、肌がくすんで見えてしまいます。

➋雑なスキンケアは、肌がくすむスキンケアの中でも、クレンジングで雑な落とし方や、洗顔をする際の洗い流す温度を気を付けていない事などは、肌のくすみの原因となります。

➌肌が水分不足状態は、肌がくすむ肌の層の外側にある角質に水分が不足すると、肌がくすみます。肌の水分量は年齢と共に補っていかないと変わっていきます。

 

1-5: 「くすみ」の原因を改善するには?

改善方法

➊の改善法は、1週間に1~2回ピーリングケアもしくは、酵素洗顔で洗顔をする。
ケアをきちんとすると、ターンオーバーが活発になり、肌弾力がUPして透明感もでてきます。

※ピーリングケアは、肌の古い角質細胞を摂り過ぎてしまう事は気をつけて下さい。効果ないからと言って何度もピーリングしてしまうと余計にくすみが酷くなってしまう場合もあります。

➋の改善法は、クレンジング・洗顔をする時には、とにかく肌を動かさず指の腹で優しく丁寧に、そして洗い残しがない様に、お湯を手で優しく洗う。(洗い流す温度は、32℃位が適温です。)

➌肌のキメは『水』以外ありません! 水をしっかり入れ込む事で、透明感・艶・ハリの美肌になっていくんです。※肌の中が潤っていなければ、高い化粧品を使っても台無しになってしまいますね。

 

1-6: 肌の水分量が減ってしまう理由

肌の水分量が減ってしうまうと、肌のバリア機能が弱くなってしまいます。そして肌に水分を保つ事が出来なくなってしまうのです。

ココに注意

➊間違えたスキンケア
肌の水分量の減少はスキンケアが大きく関わりがあります。
顔を洗う際、熱い温度のお湯で洗い流してしまったり、洗浄力の強いクレンジングを使い続けて顔をゴシゴシ洗顔したりしてしまうと、肌に必要な潤いや皮脂までも洗い流してしまうのです。

➋加齢
加齢と共に、肌の水分量がやはり減ってしまう事は否めないようです。これは誰もが起こってしまう事です。
加齢と共にヒアルロン酸やセラミドなどの保湿機能を補っているせいぶんが減っていきます。
そうなった結果、肌に保つ事が出来る水分量が減り肌の乾燥を感じやすくなってしまいます。

➌紫外線
肌の乾燥と紫外線は、かなり深い関わりがあります。紫外線対策そゼずに直接紫外線が肌に当たると、健康な肌細胞に少しずつジワジワダメージが与えられてしまいます。

 

1-7: 肌の水分量を上げる為にするべき事

ココがポイント

正しい洗顔方法で顔を洗う
・とにかく肌を擦らない
・洗顔の泡を丁寧にたてて、指でさわらないで泡で洗う
・洗い流す温度は、32℃~34℃

セラミド(保湿成分)をスキンケアに意識的に使う
・セラミドは細胞の間を埋めながら、水を蓄えると言う重要な働きをするのです。
・潤いのある肌になる為には、セラミドの量が充分であるかが大切です。

身体の中からがやはり大切、バランスの良い食生活を心がける
・水分がたっぷりの美肌を目指したいのなら、バランスの良い食生活はとても大切です。
・スキンケアは肌の外側からのケア、バランスの良い食事で身体の内側から綺麗に両方していく事が美肌への基本だと思います。

理想の肌の水分量
年齢に関係なく、肌がとても潤っていると判断できるのは、水分量47%なんです。
この肌の水分量を47%より下げない様にする為に、日々意識をしないと乾燥する季節は肌の水分量が下がってしまいます。

 

1-8: まとめ

美白肌になる為に、何をするべきか?

美白は、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ事です。

意味を知る事で、お肌への効果も変わってくると思います。

肌の透明感を保って、シミを防ぎたいのなら、美白ケアが良いと思います。

美白肌に必要な食材

・ビタミンⅭ
・ビタミンB群
・ビタミンE

 

この季節のスキンケアは

ビタミンⅭ誘導体ローション(不安定なビタミンⅭを肌に浸透しやすくした物)やハイドロキノンクリーム(肌の漂白剤とも言われていますね)

 

美白ケアは、

本来なら紫外線が強くなる、3月位からし始めるのが理想ですが、今からでも遅くありません!

肌の透明感がなく、肌のくすみやシミが目立つ様になってきたなぁと思われましたら、是非「美白ケア」を今から摂り入れてみて下さい。

と言う事で、今日はサクッとこの辺で!




昨日のblogは!

 

※今回のご提案は、あくまでも私自身が身をもって体験した結果であり万人の方が同じ試みを行っても、効果が必ずしも出るとは限りません。

 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いします😉

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-スキンケア, 美白, 美肌

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5