ナイトブラ バストアップ ボディケア

貴女は大丈夫ですか? 崩れた胸 の形は戻らない?!

  1. HOME >
  2. バストアップ >
  3. ナイトブラ >

貴女は大丈夫ですか? 崩れた胸 の形は戻らない?!

1: 寝る時のナイトブラは必須です!

 

『緊急事態宣言』が1ヶ月延長になってしまいましたね。

となると、ここはひとつプラスに考えてみようと思います。

ステイホーム時間に在宅で、『ながら美容』を楽しんでみようかと!

そして『緊急事態宣言』が解除され、出かけられるようになった時の為に、今のこの時間を費やすのが好ましいと考えてます。

家にいると、楽な格好をして下着もユ〇ク〇のカップ付きインナーが楽~!って着けている友人も少なくありません。

ところが、起きている時も勿論ですが、バストは崩れやすいのです!

日本人の胸の特徴は、脂肪の割合が多く、柔らかいので年齢を重ねると、重力で横に流れたり垂れやすいと言われているそうです。

 

1-1: バストが崩れてしまう時間は、睡眠時

 

寝る時に何かを着けて寝るのは苦しいからと言って、ノーブラで寝る方もいますが、実は寝ている時間が最もバストが崩れてしまうそうです。

なので、ナイトブラは必須なんです!

 

何故ナイトブラを着けた方が良いのか?

寝ている間に寝返りうったりで、身体は動きます。柔らかいバストは脂肪でできてる為、動くたびに脇や背中に流れるのを保護する為や、仰向けに寝ている時に、重力や流れるのを支えるのがナイトブラの役目です。

そして、ノーブラでの就寝は胸の形が崩れずだけではなく、サイズダウンになってしまう可能性も💦

そうなると、日中のブラを着けた際、形が崩れてしまった胸はそのままの状態で、洋服着ても、スッキリ着れませんね!

 

1-2: 何故バストが崩れてしまうのか?

理由が分からないと、どのように予防をすれば崩れないのかが分からないので、調べてみました。

バストが崩れる原因

ホルモンバランスの乱れ
女性の身体はとてもデリケートです。なのでちょっとした事でホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスの乱れは、肌のハリが無くなってしまいます。と言う事は、バストもハリが無くなってしまうとより垂れてしまう感じになってしまいます。

大胸筋の衰え
胸を支える役割はクーパー靭帯だけではないのです。大胸筋も担ってくれているのです。ですが、残念ながら日常の生活では大胸筋を使う動きはあまりないのです。
と言う事は、意識的に使うとか鍛えなければ日々劣化していってしまうのです。
胸を支える大胸筋が弱くなっていくと、胸も差支えられず胸が脇・背中などに流れてしまい、垂れてしまうのです。

クーパー靭帯が切れる
バストを形成している9割の脂肪と1割の乳腺を支える役割をしています。
なので、クーパー靭帯が切れてしまうとバストは垂れてしまうのです。
胸を今以上に垂れさせない為に何をするか?

ブラ選び
自分に合ったブラを使っていますか?最後にサイズを計ったのが、いつだか覚えていますか?
何と、世の中自分に合っていないブラをつけている女性は8割位いるそうです。(仲良しの下着売り場の友人に聞きました)
女性の身体はホルモンの関係で変化しやすいので、胸のサイズもずっと同じと言う事はありません!
傷んでいなくても定期的に計ってもらって、正しいサイズのブラをつける事が大切です。

身体に合っていない、キツイブラは圧迫される事で胸に老廃物が溜りやすくなり、血行が悪くなり、同時に栄養の供給が悪くなってしまうので、ハリが無くなり胸が垂れる原因が加速してしまいます。

ゆるいブラも、キツイブラも脂肪があちこちに流れて、背中や二の腕に贅肉が付き、胸は小さく垂れ下がってしまい、形も崩れてしまいます。

 

1-3: 胸にもやはり食生活!

 

血行を良くするためには、身体を温める事です。

ココがポイント

・白砂糖はやめて、黒砂糖を摂る
・冷たい物はなるべく摂らない
・カフェインの摂り過ぎ注意

 

更に、胸の崩れを予防したいのなら私が行っているこれがおススメです!

ココがおすすめ

お風呂でマッサージ

➊鎖骨の下を指先で真ん中から横に1分流します。
➋耳下から、首にも同じく指先で1分程流します。
➌肘から程よく力入れながら、脇の下まで流します。(片方5分)
➍脇の下に親指を入れて、脇横のお肉をしっかり掴みます。(片方5分です)
➎背中・腰周り・お腹の脂肪を潰しながら、お肉を胸に集めます。これを約5分~10分します。

 

1-4: 週1~2回 自宅での大胸筋トレ

大胸筋トレ

ココがポイント

・ダンベルベンチプレス(胸全体にアプローチ)
ベンチに仰向けになって胸を張り、ダンベルを胸の横で構えます。息を吐きながらダンベルを胸の上に押し上げて息を吸いながらダンベルを下ろします。肘を伸ばし切る事で胸の筋肉を意識しやすくなるそうです。

・ダンベルフライ(大胸筋にアプローチ)
ベンチに仰向けになってダンベルを持った両手を横に開いて、半円を描くイメージで胸の上に押し上げます。

・プルオーバー(胸全体にアプローチ)
胸全体の筋肉を鍛えるトレーニングです。ベンチに仰向けになって、両手で持ったダンベルを胸の前で構えて腕をのばしたま頭上にカーブを描く様にダンベルを下ろします。

全部をするのは大変でも、出来る物をするだけでもバスト崩れは予防出来ると思います。

ナイトブラ選びも重要ですね!色々試してきましたが、これだ!と言う商品に出会えました。その詳細は、また明日続きを書こうと思います。

バストUPに必要な、トレーニングとは?

バストUPに必要な、トレーニングとは?

目次 1: バストの土台(大胸筋)は大切です!では、有効的なトレーニングとは?バストダウンを救った、食べ物とは?1-1: 何故?筋トレでバストUPが見込めるのか?1-2: バストUPの為のトレーニング ...

続きを見る

 

1-5: まとめ

バスト崩れは、理由を知らないと年齢のせいにしまいがちですが、早めから予防しておけば、維持は可能な事だと思います。

それは、自分が実践し実感できているからこそ、自信を持ってお話し出来るからです。

胸を今以上、垂れさせない為に何をするか?

ココがポイント

・正しいブラ選び
・食生活
・お風呂でマッサージ
・大胸筋トレ

ただ、何事も継続は力なりです!

『ナイトブラ選び』と『食生活』に関しては、明日以降2日間に渡ってblogでご案内しますね。

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!

 

昨日のblogは!

驚き! 顔が歪む 原因って知ってましたか?

目次 1: 座る時間が多い方、要注意です!1-1: 顔が歪んでしまう原因1-2: 足を組む事で、起こる恐ろしい事とは?1-3: 骨盤の歪み予防のおススメの座り方1-4: 姿勢を悪く座っていると、太りや ...

続きを見る

 

 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いしますね!(^^)

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-ナイトブラ, バストアップ, ボディケア

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5