インナービューティ エイジングケア まさかこの食材が⁉️ 活性酸素 生活習慣 酸化・糖化

老ける 最大の要因は 体の酸化と糖化 です!

  1. HOME >
  2. サプリ&フード >
  3. インナービューティ >

老ける 最大の要因は 体の酸化と糖化 です!

 

今回のblogでは、こんなことで悩んでいる人向けの記事です

 

悩んでいる人
・エイジングケアしているのに、効果感じられない!
・肌のシミ・シワが濃くなって目立つ様になったかも!
・肌のトーンが暗くて、くすんで見えてるかもしれない!

 

そこそこ、お高いエイジングケア商品の効果を期待して購入しても、なかなか効果を感じない!あるいは、変化がない!など、経験はないでしょうか?

もしかして、それは商品が悪いのではなくて、効果をじる事が出準備をしていなから、感じられないのかも知れません。

女性はどうしても、これさえ使えば!とか、エステに行けば綺麗になれる等、結果と結論を急ぎたくなる心境は良くある事だと思います。

エイジングケア商品やエステも、効果を引き出せるケアの準備をしていないと、残念ながら十分効果を引き出せる事は難しいと思います。

この事を十分に理解し効果を感じる事が出来る食生活やエイジングケアを意識しましょう。

スキンケアは、毎日消耗する物なので、そんなにお金を費やせないため、高価な商品ではなく比較的安価な商品を、私は使用しています。

ただ!

毎日の食事に関しては、かなり気をつけており、

1番意識している事は、身体の酸化と糖化させない事です。

長年の、食事への拘りは如実に肌に現れています(自画自賛で、毎度すいません)

 

酸化と糖化って聞いた事はあるけど、良く知らないな~
通りすがりのサル!

 

makipon
それじゃ~酸化と糖化が体に与える影響も含めてお話しますね!

 

この記事を読むメリット

・内臓に負担をかけるとどうなるかが理解できる!
・酸化と糖化の意味を理解できる!
・自分が糖化しているかが理解できる!

この3つを主に解説していきます。

 

この記事を書いた人 makipon

プロフィール

1: 数年間、某一部上場製薬企業で『美肌アドバイザー』の仕事に従事する!その時の実績と経験を生かし、お金をかけず美肌でいられるblogを発信

2: 更に某一部上場のファッション業界にも16年在籍し、店長としての経験を生かし顧客様のパーソナルスタイリストもしております。

3: 音大を卒業し、現役ピアノの講師をやっています。

4: 全身の筋肉をバランス良く綺麗に鍛える為、週に3回の筋トレと週1回のフィットネスboxingを約4年間続けています。

 

 

1: 内臓に負担をかけてしまう理由

 

在宅勤務が増えて、毎日3度の食事を考えて作る事は、大変だと思います。

何とか、手間暇掛けずに簡単に出来る物に頼りたくなる気持ちも、よく理解出来ます。

ですが、このような時こそ、食生活を整え健康管理に留意し、生活習慣病やコロナ太りなど、十分に注意をする必要があるのです。

それだけでなく、知らぬうちに内臓に負担をかける食事を摂り続けた結果は、後々見た目年齢も上げてしまう結果になり兼ねません。

 

1-1: 内臓に負担をかけてしまう理由

食べる時間も不規則で、食べ過ぎや間食、更には夜寝る前に欲望のままに食べてしまうと、内臓に大きな負担をかけてしまう事になり、体内年齢が上がってしまいます。

 

ココに注意

➊脂質の多い食事は、消化のはじまりが糖質やタンパク質に比べて遅いのです。
➋吸収に時間がかかります。
➌脂っこい食事は、腹持ちよく感じます。
➍消化に時間がかかり、腸の中に残っている為、胃腸に負担がかかります。

 

老ける食べ物ワースト3

老ける食べ物
・フランクフルト
・ベーコン
・フライドポテト

これらを多く食べると、AGE(週末糖化酸化産物)という悪玉物質が大量に含まれていて、老化を促進させてしまうそうです。

毎晩、晩酌をする方は、手軽に食べれるのでおつまみに食べている方も多いのではないでしょうか?

そして、同年代でとても若く見える人と

老けて見えてしまう人の最大の要因は、酸化と糖化

です!

 

1-2:糖化とは?

 

糖化とは、食品に含まれているタンパク質・脂質が糖質と結びついてしまって劣化する事を言います。
その反応が、AGEという老化を促進させる物質が発生してしまうのです。

食べ物の例えで言えば、こんがり美味しそうな焼き色がついている、トースト・唐揚げ・ステーキなど焼き色がついている物には糖化が起こってしまいAGEが作られてしまうのです。

 

もっと詳しく

新陳代謝の早さが遅い場所ほど、AGEは溜まっていきやすく良からなぬ影響を及ぼしてしまうのです。肌の奥にAGEがたまっていくと、弾力性や柔軟性を保つコラーゲン線維の機能が低下してしまい、シワが出来やすくなってしまいます。肌が黄色っぽくてくすんでしまう人は、もしかしたらAGEの茶褐色の物質によるものかもしれませんね。

 

1-3: 自分の肌が糖化しているかチェック出来る項目

簡単に自分でチェック出来ますので、是非やってみてください!

ココに注意

注意ポイント
・1日1回は必ず甘いおやつを食べる
・疲れると甘いものを欲する
炭酸飲料、エナジードリンクなどの甘味飲料をよく飲む
・サラダには、市販のドレッシングやおかずにはおかずの素を使う
野菜をあまり食べない
・果物をあまり食べない
タバコを吸う
・ストレスを溜める
揚げ物が好きで週1回は必ず食べる
・お腹が苦しくなるまで食べる
味が濃いのが好み
・魚をほとんど食べない
・健康なお通じがなく、便秘か下痢気味
・外食・コンビニが多い
・ヨーグルト・キムチ・納豆などの発酵食品を食べない
・さっぱり系より脂っこい方が好き

当てはまる数で、あなたの体内老化度が、、、

貴方は何個?

0~4個 体内老化度 30%
体内年齢を維持できています。チェック項目を改善していけば若々しさをキープできるそうです。
5~10個      60%
体内で、少しずつ老化が進行しています。これ以上老化のスピード上げない為に生活習慣の見直しが必要なようです。
10個以上      100%
体内の老化は深刻!このままの生活習慣を続けてしまうと体内老化が更に進み危険なので、一つずつ改善していった方が良いと思います。

因みに私は0個でした。(相変わらずの自画自賛!ですみません!)

そして、糖化と同様もう一つ怖いのが、身体の酸化です。




 

1-4: 酸化とは?

酸化は、紫外線・大気汚染物質・喫煙・ストレス・過度な運動など、毎日の生活で起こりうる酸化ストレスが、活性酸素を生まさせて、身体に酸化によるダメージを引き起こしてしまうのです。

 

 

現代人は、活性酸素を浴びやすい環境に常にいます。活性酸素は体内に侵入したウイルスなどの攻撃から身体を守ってくれる役割もあるのですが、増えすぎてしまうと元気な細胞も破壊してしまう敵になってしまうので、サビない身体を作る為には、抗酸化作用が高い食材を日々意識的に摂る事が大切です。

抗酸化作用が高い食材

・トマト
・ブロッコリー
・茄子
・ピーマン
・グレープフルーツ
・オレンジ

など色の濃い食材を積極的に摂り身体がサビない様にしましょう。

抗酸化作用がある食材も意識すれば、毎日摂る事は可能です!

 

1-5: 罪悪感なし!美肌効果・抗酸化作用のあるおやつ

 

ココのおやつがおすすめ!

アーモンド

➊アーモンドの栄養素の中でも最も注目されているのが「ビタミンE」

➋食品の中でもビタミンEが最も多く含まれているのがアーモンドだから。

➌ビタミンEは細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化防止に非常に効果的。

(注)1日25〜30粒

デーツ

➊美肌効果が期待できる成分が含まれている。

➋デーツに含まれるβカロテンは、紫外線やストレス によって体内に溜まった活性酸素を除去する働きがあり、ビタミンEは肌を酸化から守る。

❸女性が悩む便秘やむくみにも、デーツに含まれる栄養が役立つ。

(注)1日3〜5個

どうしても、甘い物が食べたい時は、蒟蒻ゼリーを一つ食べます。

 

2: 怖い!肌の酸化は老化のスピードを早める⁈

肌の酸化で一番影響受けやすいのは、やはり紫外線です。

ちょっと洗濯を干すだけだからとか、そこまでだからとか、外出しないからなどを理由に、紫外線対策をしないのは、絶対✖ですね。

紫外線を浴びて、うっかり日焼けをしてしまうと、メラニンが生成されてしまいます。
そして、チロシンというアミノ酸が酸化してしまうのです。

酸化ダメージの蓄積が、シミ・シワ・たるみといった三大肌悩みを引き起こしてしまうのです。

肌の酸化は、老け顔になる!

これは間違いないです。

では、肌の酸化を予防する為に、今日からでも、始めたい抗酸化対策をお話しします。

 

2-1: 抗酸化対策

家の中にいても、曇りや雨の日のでも、降り注ぐ紫外線が肌の酸化の1番の原因ならば、紫外線のダメージで発生してしまう、活性酸素を防ぐ成分が配合されているスキンケア商品を選ぶのが良いです。

 

抗酸化作用がある成分は?

・フラーレン
フラーレンには高い抗酸化力があります。抗酸化力はビタミンCの120倍以上とも言われているそうです。最近では、エイジングケアの成分としても注目されていますね。

・ビタミンE
ビタミンEは、スキンケア商品には「酢酸トコフェロール」もしくは、「トコフェロール」
などで、記載されています。

より肌の抗酸化作用を期待したいのなら、成分記載の前の方に記載されている商品を選ぶと良いです。

・アスタキサンチン
アスタキサンチンも高い抗酸化作用力がある成分です。アスタキサンチンは、ビタミンEの500倍以上の抗酸化力があると言われているそうです。

・ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体は、肌の弾力アップ・美白・ニキビケアなど、美肌づくりに欠かせない成分の一つです。ビタミンC誘導体の役割は、細胞の変わりに活性酸素によって酸化される事で、肌の酸化によるダメージから守ってくれるのです。

 

肌の酸化の原因の1番は、紫外線と何度もお話ししましたが、肌の老化の進行をしたくないのなら、紫外線対策です。

2-2紫外線対策に、お休みはないです!

紫外線は、老化を進行させてしまう活性酸素を発生させるとても大きな原因です。

紫外線は、夏だけと思われている人もいますが、1年中季節に関係なく、雨の日も曇りの日も地表に降り注いでいるのです。

日差しが強い日のみ、日焼け止めを塗らないと言う事は、絶対✖です。

夏になり紫外線量が増えている時は、室内にいても、身体にも日焼け止めを塗り、更に肌を焼きたくない人は、紫外線カットのカーディガンを羽織るなどの対策も必要です。

 

 

2-3: 現代の生活は 気を付けないと活性酸素を増やす?

活性酸素を増やしてしまう代表的なのは、やはり紫外線です。オゾン層の破壊により紫外線は年々強くなっています。

老化に個人差が出てしまうのは、活性酸素の増え方が人によって違うの毎日の生活習慣によって差がでてくるのは、当然の事ですね。

今の世の中、ストレスフリーで生きる事は難しいと思います。生活スタイル・人間関係・社会的地位のストレスなど人によってストレスは異なりますが、自分のストレスをうまく発散できる人とできない人もいます。

そして活性酸素を増やす要因として大きいのは、タバコです。他人が吸うたばこの煙でも活性酸素が増えてしまいます。それだけでなく、老化防止になるビタミンCを破壊してしまうのです。

睡眠不足もあげられていますが、ここは睡眠の時間よりも良質な睡眠をとる事が大切だと思います。

 

2-4: 熟睡できているかどうかのセルフチェック

ココがポイント

・休日も関係なく、寝だめなどせず同じ時間に起きる。
・毎朝、起床後お腹が空いている。
・しっかり朝食をとる。
・朝、スッキリ目覚める。
・午前中に眠くて、仕事に支障がある事はない。

良質な睡眠をとてれいるかどうかは、成長ホルモンとメラトニンが握っています!

寝始めの3時間は成長ホルモンの存在が大きい為、深く眠る事が大切です。

成長ホルモンには細胞の新陳代謝を促して、昼間のダメージを修復してくれる働きがあるので、睡眠の質はとても大切なのです!

成長ホルモンは1日の分泌量のうち、約70%が何と睡眠中です。

午前0時~3時の間は成長ホルモンと同じ位が美肌作りに欠かす事が出来ない、メラトニンの分泌が盛んになります。

メラトニンとは、=睡眠ホルモンとも呼ばれており、熟睡にだけではなく、強い抗酸化作用があり、老化防止・抗ガン作用もあるそうです。

私は、起床が4時なので23時までには寝て、そこから寝始めの3時間が良い睡眠を摂る事を意識しています。

 

2-5: 良質の睡眠をとれず寝不足になってしまうと?

睡眠不足になり成長ホルモンの分泌が不足してしまうと、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅れてしまいます。

寝不足により成長ホルモンの分泌が減少すると、皮膚繊維芽細胞の働きも弱まってしまいます。

皮膚繊維芽細胞の働きは加齢によっても低下していってしまい、睡眠の質に気を使わないと、コラーゲン・エラスチンも減ってしまい、肌の調子が悪くなってしまいます。

後は、活性酸素を減らす為には適度な運動を継続的に行う!

運動をするとお腹も減りますよね。

小腹が空いたら、アーモンド・クルミ・デーツを食べ、夕食は基本食べません

そして、22時以降に、温ヨーグルトを食べて一日の食事は終わりです。ですので、

いつも寝る時は、お腹が空いている状態にして、空腹睡眠を常に心がけています。

 

2-6: 空腹睡眠って?

ココがポイント

・空腹時は成長ホルモンが分泌されます。そして、代謝も上がるのでダイエットに適しています。

・質の良い睡眠がとれる

満腹状態で寝ると、朝起きた時に胃もたれしたりお腹が苦しかったりします。

そして胃の中に食べ物が消化出来ずに沢山残ったまま寝ると、胃・消化器官が消化を続けるので、脳が興奮状態になり寝つきが悪くなってしまいます。

 

3: まとめ

体内年齢=見た目年齢に値する!

結局のところ、やはり毎日の生活習慣で、体内年齢が変わってきてしまうと言う事になります。

40代後半から50代に突入すると、今までどんな生活をして、どんな食生活をしてきたかで、老化現象を感じるタイミングが異なります。

来るのか?それとも何も変わらないと思うのか?

特に差が出てくるのは、肌のハリが無くなり・シミ・しわばかリが増えてくると言うのが、老化現象の始まりだと思います。

糖化によって、コラーゲンが硬質化して、肌の弾力がなくなってハリがなくなってしまいます。ハリがなくなると、シワが目立つ様になります。

この老化現象の始まりを早く感じるか否かは、まさに日常の生活によって糖質を摂り過ぎの影響が大きいです。

同世代でも、見た目年齢差は全然違ってきてしまいます。

 

ココに注意

体内年齢を上げない為にするべき事

・内臓に負担をかけない
・酸化と糖化を意識する
・活性酸素を増やさない為事を意識する
・良質な睡眠をとる
・適度な運動を継続的にする

 

糖質は、食べ物だけではなく毎晩お酒を飲む方は要注意です!

お酒にも糖は、入っていますからね!

もしお酒を飲むのなら、ハイボールがお薦めです。糖質オフ生活している時の飲み会の言えば、ハイボールを飲んでいました。

お料理は、和・洋・中、何にでも合います!

健康的な食生活を維持したいなら、私は身体の糖化を十分に注意するべきだと考えています。

身体の糖化を抑える事で、実際の年齢との乖離を少なくし健康的な美を維持しませんか?

身体の糖化は

ココに注意

・肌の老化のシワ・たるみの原因の一つにもなります。
・アルツハイマー・骨粗しょう症・動脈硬化などの病気を引き起こす原因にもなります。

身体の糖化は、私達の老化を進行させてしまうのです!

早め早めで、生活習慣を見直せば間に合うと思います。

老化=病気です!

病気は、予防すれば防げます!

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!

 




前回のblogは!

 

※今回のご提案は、あくまでも私自身が身をもって体験した結果であり万人の方が同じ試みを行っても、同じ効果が必ずしも出るとは限りません。

 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いします😉

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-インナービューティ, エイジングケア, まさかこの食材が⁉️, 活性酸素, 生活習慣, 酸化・糖化

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5