インナービューティ 抗酸化作用 活性酸素 食生活

老けない体 を作る為に 抗酸化作用 がある食品 を食べ続けた結果!

2021年12月26日

  1. HOME >
  2. サプリ&フード >
  3. インナービューティ >

老けない体 を作る為に 抗酸化作用 がある食品 を食べ続けた結果!

2021年12月26日

1: 抗酸化作用がある食品とは?


(この記事は3分で読めます)

若い頃は好きな物を好きなだけ食べてきました。

ですが、体の中から老化は始まると言う事を知ってからは、その様な食生活には終止符を打ちました!

なぜならば、そのツケは必ず何年後かの自分に現れてくると知っているからです。

まず早いうちから意識したのは、老けない身体を作る為の、抗酸化食品についての勉強をしてみました。

酸化された食べ物や、農薬・添加物・排気ガス・紫外線・ストレス・大気汚染などから、細胞やDNAが少しずつ酸化していき、老化や病気を引き起こすリスクが高くなるからです。

 

今回のblogでは、こんな方へ向けての記事です!

知りたい人
Q. 出来れば、いつまでも若々しく健康でいたい!
Q. なぜ?酸化が老化を引き起こすリスクが高いのか?
Q. 改めて抗酸化作用の食材を知りたい!

 

今回は!

老けない体を作る為に抗酸化作用 がある食品 を食べ続けた結果!

をテーマに、 抗酸化作用にフォーカスをあててみました!

 

抗酸化作用って良く聞くけど、本当に老化防止になるの?
通りすがりのサル!

 

makipon
薬じゃないから、直ぐに変化はないけど長年、抗酸化作用の食材をしっかり摂る事で老化を防ぐ効果が期待されているのよ!

 

じゃ~しっかりと抗酸化作用を勉強しないとだね!
通りすがりのサル!

 

makipon
今回は抗酸化作用の食材も、しっかりチェックしてね!

 

この記事を書いた人 makipon

1: 某一部上場製薬企業で「美肌アドバイザー」の仕事に従事し、その時の実績と経験を生かし、お金をかけず美肌でいられるblog (makipon.com)を発信  
2: 某一部上場企業のファッション業界に16年在籍し、店長としての経験を生かし顧客様のパーソナルスタイリストをやっています。
3: 音大を卒業し、現役ピアノの講師をやっています。
4: 自ら全身の筋肉をバランス良く綺麗に鍛える為、週に3回の筋トレを約5年間続けています。
5: 「ボディメイク インストラクター資格」2021年10月7日取得

 

 

 




1: 抗酸化について

 

2-1: 抗酸化と活性酸素との因果関係とは?

抗酸化を語るうえで、活性酸素との因果関係は知っておく必要があります。

私たちの体は、常に酸素を利用してエネルギーを作りだしていますが、同時に活性酸素を体内で生じています。

実は、この活性酸素が私たちの細胞を傷つけ、体に影響をもたらしており、ガン、老化、シミ、シワ、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因となっています。

人の体は歳を重ねるとともに老化していきます。

と、同時に活性酸素によって細胞が金属と同じように錆びていく、つまり酸化していくのです。

しかし、体にはこの活性酸素によって酸化を抑える物質があり、それが抗酸化物質でその働きが抗酸化作用と言います。

活性酸素は加齢とともに増えるとも言われています。

 

活性酸素の原因

・タバコ
・飲酒(大量)
・紫外線
・ストレス
・食品添加物
・激しい運動

活性酸素を増やす因子は身の回りにたくさん存在しています。

抗酸化とは体の中を錆びつかせない事ですが、活性酸素は体内の酵素によって分解されます。

活性酸素の働きを抑えるのは酵素だけでなく、抗酸化物質も活性酸素から体を守ってくれます。

 

関連記事はこちらから!

老ける 最大の要因は 体の酸化と糖化 です!

目次 1: 内臓に負担をかけると「見た目年齢」を上げてしまう!1: 内臓に負担をかけてしまう理由1-1: 内臓に負担をかけてしまう理由1-2:糖化とは?1-3: 自分の肌が糖化しているかチェック出来る ...

続きを見る




2-2: 抗酸化物質とは?

抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンA、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類、ミネラル類や、美容効果で話題のカロテノイドなどが挙げられます。

 

ビタミンA

体内でビタミンAとして働く物質、レチノールやカロテンなど、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは抗酸化力が強いです。β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わり、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

 

ビタミンC

緑黄色野菜(ブロッコリーパセリ・パプリカなど)、また柑橘系フルーツに多く含まれています。ただ、ビタミンCは食品からの摂取では吸収率は良いですが、一度に大量に摂取しても余った分は尿から排泄され、また体内では作られないので、毎日の摂取が必要です。抗酸化力が非常に強く、活性酸素から細胞や組織を守ります。

 

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が強く、細胞膜のリン脂質の酸化を防ぎます。植物性油脂(べに花油・ひまわり油・やし油等)、種実類(ごま・ピーナッツ・アーモンド等)また、かぼちゃなどの緑黄色野菜を炒めて食べると、他のビタミンも同時に摂れて効果的です。さらに抗酸化力のあるビタミンA、ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果があります。

 

関連記事はこちらから!

抗酸化作用 のある アーモンド を10年食べ続けた結果?

目次 1: シミ・しわ・老化予防効果が期待されています!1-1: アーモンドの効果1-2: アーモンドが更年期予防に期待!1-3: アーモンドを食べると太る?1-4: 生アーモンドと素焼きアーモンドと ...

続きを見る

 

ポリフェノール類

ポリフェノールは植物が光合成によって生成する抗酸化物質のことで、代表的な食材はコーヒー・紅茶・赤ワイン・緑茶・プルーン・りんごなどに含まれており、フルーツには皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため、皮ごと食べるのがお勧めです!

 

ミネラル類

良く耳にするミネラルは、体に必要な栄養素の一種で、海藻類(昆布・わかめ・のり等)、魚介類、納豆などさまざまな食材に含まれています。ミネラルは、熱には強くても水に溶けやすい性質なので、体にとって必要なミネラルは摂り過ぎても不足しても体に悪影響が出てしまうため、それぞれの成分ごとにバランス良く摂取することが重要です。

 

カロテノイド

このカロテノイドは、植物が自ら紫外線による活性酸素から身を保護するために生成している抗酸化物質で、驚く事には人の体内入っても、抗酸化作用を発揮し、細胞の保護などの働きを行っています。特にパプリカ、トマト、ホウレンソウ、ミカン等、濃い色の野菜やフルーツからカロテノイドを取ることができます。特にオススメは赤いパプリカで、カロテノイドのなかでも特に抗酸化力が強いキサントフィルという成分が豊富に含まれています。カロテノイドは、サプリメントなどを利用するか、油を使った調理方法で食べると体内に吸収しやすくなるため、様々な種類のカロテノイドをバランス良く摂取することがポイントです。

 

2: 代表的な抗酸化食品

 

2-1: きな粉

女性に必要な大豆イソフラボンは、早め早めに摂る事をお薦めします!

大豆イソフラボンとは?

女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをする事が分かって注目されていますね。

女性の美しさ・若々しさをサポートしてくれるのです。

年齢を重ねていくとエストロゲンの分泌量の減少により、女性にとって辛い更年期障害と呼ばれている、身体と心のトラブルが見られるようです。

なので、早い時期から、大豆イソフラボンを摂取しエストロゲンの不足を補って予防する事が大切です。

 

きな粉の利点

・きな粉は食物繊維が豊富で抗酸化パワー大!
・これに抗酸化成分たっぷりの物を合わせれば、シミ・シワ予防になる
痩せやすい身体を作るサポート
大豆イソフラボンが豊富

 

手軽に老化を食い止めるのに、一押しとも言えるのは朝のな粉を入れたドリンクです。

 

2-2: 豆乳

豆乳には代謝を上げる効果・便秘解消などダイエットしたい人にも注目を浴びています。

これらを毎朝豆乳に入れて飲み続けています。結果、老けない身体を作る為に意識して摂っている抗酸化作用が今の自分の肌も身体にも現れているのではないかと、自負しています。

 

豆乳の利点

・便秘改善
・バストUPのサポートも?
・抜け毛予防
・大豆イソフラボンが豊富

 

関連記事はこちらから!

脳を活性化 させる 生活習慣 と 活性化させる食べ物 ブレインフード とは?

目次 1: 脳を活性化させる生活習慣とは?1-1: 脳に良い生活習慣とは?1-2: 簡単にできる脳の活性化させる生活習慣とは?2: 脳を活性化させる食べ物「ブレインフード」とは?2-1: ブレインフー ...

続きを見る

 




2-3: 黒ゴマ

黒ゴマには、良質なたんぱく質やビタミンEが多く含まれていて、更に酸化作用もあります。
栄養素は他に、食物繊維・ビタミン・アントシアニン・カルシウム(牛乳の11倍)・マグネシウムなどが含まれています。

私が黒ゴマを摂り始めた理由は、早いうちから髪予防の食材について調べて、摂り続けたら結果どうなるかを知りたかったからです。

白髪に効果的な食材

・黒ゴマ
黒ゴマには、身体の代謝に関係があるビタミンB2、頭皮の血流を良くするビタミンE、髪の毛の健康に関係するパントテン酸・頭皮の健康に関係するビオチンなどの栄養素が含まれています。

その為、毎日黒ゴマを摂る事で白髪予防になるのでは?と思って摂り続けて20年近いです。

お陰様で、同世代の友人は白髪染めをしていますが私はまだお洒落染めです!

その他には、海藻類・チーズなどがあります。

白髪になりやすい食材

注意ポイント

・糖分が多く含まれる物(お菓子・ご飯・麺類)
・刺激物
・身体を冷やす食材(キャベツ・キュウリ・レタス・メロン・すいかなど)

 

関連記事はこちらから!

白髪予防 に 黒ゴマは効果が期待 出来ると言われてるが!?

目次 1: 黒ゴマを長年摂取し続けた結果は!1-1: 白髪は平均何歳位からできてしまうのか?1-2: 白髪にってしまう原因は?1-3: 白髪予防食材に関して1-4: 黒ゴマの栄養素と効果1-5: 毎日 ...

続きを見る

 




2-4: シナモン

シナモンには美容にも嬉しい効果が多いんです。

・シミ・シワを防ぐ
シミ・シワの原因の一つは、毛細血管の欠如で、シナモンにはその毛細血管を修復する作用がある様です。

たまたま、TVでシナモンの特集を組まれた翌日は、店頭からシナモンが一斉に品切れになった事をよく覚えています。

シナモンだけでなく、生活雑貨や他の食品などTVやnetで紹介されると、直ぐにそのような状況になるのは、情報化時代の悪しき慣習なんですね。(そんな事を、ここで愚痴っても仕方ないですね)

さて、私はシナモンを摂り続けて20年位になるアラフィフ世代なんですが、殆どシワがない為、アイクリームは使用していません。(自画自賛ですみません!)

でもそれは、もしかするとシナモン効果が功を奏したのかもしれませんね。

 

関連記事はこちらから!

 

3: まとめ

老けない身体を作る為には抗酸化食品を意識的に摂る事です!

私が長年摂り続ける事で、結果となった食材の1部を紹介させて頂きました。

 

抗酸化作用

①活性酸素で細胞の酸化を防いでくれる作用があります。
②老化のスピードを抑えてくれます。
③ガンや生活習慣の予防効果にも期待できます。

 

※今回のご提案は、あくまでも私自身が身をもって体験した結果であり万人の方が同じ試みを行っても、効果が必ずしも出るとは限りませんので、宜しくおふくみおきください。




 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

 

  • この記事を書いた人

maki

-インナービューティ, 抗酸化作用, 活性酸素, 食生活

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5