インナービューティ エイジングケア 食生活

絶大! 旬の果物のリンゴの効果とは?

  1. HOME >
  2. サプリ&フード >
  3. インナービューティ >

絶大! 旬の果物のリンゴの効果とは?

美容・健康・ダイエットにも効果ありと話題のリンゴの効果とは?

 

秋になると、気温は下がり乾燥の季節と言う事では嫌ですが、旬の食材は美味しい物が多いですね。(私は、リンゴが大好きで毎日、食べています)

 

特に秋の果物は、美肌に効果を感じる食材の中にも入っており先日、美肌に効果を感じる食材の記事を書きました。

その詳細は

 

その果物の中にリンゴは1番に上がっていましたので、リンゴにスポットを当ててお話しします。

リンゴの中には身体に良い成分が詰まっていて、今回は改めてリンゴの持つ美容効果・健康効果について調べてみました。

 

リンゴに含まれている栄養成分は?

 

・リンゴポリフェノール
リンゴポリフェノールとは、リンゴの皮に多く含まれるポリフェノールの1種で強い抗酸化作用を持ちます。活性酸素を除去する効果・血流の改善・口臭予防効果・肌の美白効果などを持つ成分です。

・カリウム
カリウムはアルカリ金属元素の一つで、人体には欠かせないミネラルの一つで、生命維持の上で欠かせない役割を担っています。

食物繊維

食物繊維の詳細は!

 

・ビタミンC
ビタミンは他の栄養素が上手く働く為の潤滑油の役割を果たしており、身体でほとんどつくる事は出来ないので、食べ物から摂る事が必要です。

 

リンゴの美容効果 ここは重要!

 

リンゴは肌にとっても良い食べ物なんです!
メラニン色素の生成を抑える働きのあるビタミンC・抗酸化作用を持っているリンゴポリフェノール・β‐カロテンなどが含まれています。

肌悩みの代表のシミ・そばかすは身体が酸化してしまうとできてしまうので、抗酸化作用のある成分美肌・美白には必要不可欠なんです。

また、身体の酸化は老化に深く関係があり、老化予防にも効果が期待でき、カリウムも含まれているので浮腫み(むくみ)が気になる方にお薦めです。

 

ダイエットしたい女性にも嬉しい効果

 

リンゴ1個のカロリーご存知ですか?

1個丸々食べて約140カロリーしか無いので、おやつを甘いお菓子からリンゴに変えるだけでもカロリー摂取量を減らせます。

リンゴの成分の中には食物繊維も入っているので、ダイエットして便秘に悩んでいる方にはお薦めです。

 

効果的なリンゴの食べ方

食べ方によって摂取できる成分が変わってしまうそうです。

・皮をむかずに食べる
実はりんごが持つ美容・健康に良い成分は実ではなく皮にく含まれているので、リンゴの皮が苦手な方は、皮ごと擂って食べると良いかもしれませんね。

・リンゴを焼いて食べる
リンゴの美肌効果を更に期待したいのなら、加熱して食べるのが良いそうです。
リンゴは100度以上で加熱する事で、生のリンゴの状態よりもペクチンの量が6~9倍になる事が分かっているそうです。エイジングケアに欠かせない抗酸化作用も8~9倍上昇する事が期待出来ます。

これを知った時は、リンゴは焼いた方が美容効果に絶大と分かるのですが、私は生のリンゴのシャキシャキした感じが好きなので、焼いて食べるのは試し位になってしまうと思います。

私は、毎朝ヨーグルトに入れて食べるのと小腹が空いた時に食べていますが、お料理が得意の方は、アップルパイなどに挑戦されても良いかも知れませんね。

リンゴは、いつでもスーパーで買えますが、旬は秋から冬の1~2ヶ月間ですので、この時期に食べる事が栄養成分もたっぷりなのでお薦めです。

リンゴの切り方について調べると、輪切りを薦めており栄養を逃さず丸ごと食べるには、リンゴを輪切りにするスターカットが1番良いそうです。

皮を剥く手間もないし、リンゴの皮の美容効果を知ったら、食べないなんてもったいないですよね!
更に、輪切りにしたリンゴをオーブンで焼いて食べるのも簡単ですよね。

 

まとめ

旬の食材は栄養価もうま味も高くて、美容・健康を保つ為にも重要な食材です。
そして、今回は私も大好きで毎日食べているリンゴの美容効果についてお話ししましたが、リンゴに含まれている栄養素は、

ポイント

・リンゴポリフェノール
・カリウム
・食物繊維
・ビタミンC

リンゴポリフェノールは、肌悩みの代表のシミ・そばかすは身体が酸化してしまうと出来てしまうので、抗酸化作用のある成分は美肌・美白には必要不可欠なんです。

身体の酸化は老化に深く関係があります。老化予防にも!

ダイエットしたい方には、おやつ変わりに丸々1個食べて約140カロリーで食物繊維も入っているので、ダイエット中で便秘している方にもお薦めです。

リンゴの食べ方で栄養の摂取量も違います。

ポイント

・皮はむかずに食べる
・焼いて食べる
・切り方は、輪切り(スターカット)がリンゴの栄養丸々摂れる!

食べ方を間違えてしまうともったいないですね。

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!

 

 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いしますね!(^^)

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-インナービューティ, エイジングケア, 食生活

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5