エイジングケア スキンケア

知ってて良かった! 眼輪筋、衰えの恐怖!

  1. HOME >
  2. 生活習慣 >
  3. エイジングケア >

知ってて良かった! 眼輪筋、衰えの恐怖!

眼輪筋の衰えは、完璧に改善が難しいと感じる今日この頃!

※この記事は2分で読むことができます。

年齢と共に、尽きない肌の悩みは色々ありますが、一般的には、シミ・シワ・たるみですね。

私はシミ・シワに関しては早いうちから、予防していたのでとりあえず、今は特に悩んではいません。

でも、一般的にたるみは、ほうれい線で悩んでいる人が多いと思います。

なので、私の大きな悩みはこの3つでは、無いのです!

私の大きな悩みは、眼輪筋の衰えからくる目の下のたるみになりかけの影です。

 

眼輪筋とは?

眼輪筋は、目を開けたり閉じたりに使われる筋肉の事です。眼輪筋の働きがきちんとしていると目に必要な水分がしっかり行き渡り、ドライアイを防ぐ事が出来ます。

美容鍼の先生にお話しを聞くと、目が大きい方は特になりやすい事もあるそうです。

確かに!と思います。

目が大きめの方は、目の周りの眼輪筋に普通の目の大きさの方よりも眼球を支えるのが大変なので、衰えも早いのかもしれません。

以前、私の職場に目がパッチリしていて、とても素敵な年上の方がいたのですが、目の下のたるみがあり、その事が頭から離れませんでした。

目が大きいと、いつかは、こうなってしまうのかな?
何とか早いうちから、予防は出来ないのかと色々調べて実践していましたが、眼輪筋の衰えに関しては、とりあえずはケアをしていますが、それが十分なのかは、まだ分かりませせん。 ただ、何もしてないよりは、食い止めているとは思います。

今は、スキンケアの時は必ずフェイシャルヨガをしてい、その中のメニューに眼輪筋を鍛えるメニューがあります。

フェイシャルヨガの詳細は、↓

ん?? スキンケアの時間は、フェイシャルヨガ?

ながら美容は、有効的に時間を使える! 早朝ウオーキングの後と、夜の仕事から帰宅後に1日2回、オンラインヨガにハマってます。 その詳細は、↓   そのレッスンの中に、「フェイシャルヨガ」のレッ ...

続きを見る

 

眼輪筋を正しく使うのは意外に難しいようです。瞼(まぶた)開けたり、閉じたりは額に力を入れてしまいがちです。(意識して観察すると良く分かりますよ)

目を思い切り開けた時に額に横皺(よこじわ)が出来てしまう方は注意が必要です。

何故ならば、眼輪筋ではなく額の筋肉を使って目を開けてしまっているので、、知らないうちに眼輪筋が衰えてしまっているんです。

でも、よくよく考えると目の瞬き(まばたき)を、どの筋肉を使っている事を普通は知りませんよね! 勿論、私だって最初、そんな事は知りませんでした。

注意ポイント

眼輪筋が衰えてしまうと、瞼(まぶた)を支える力が弱くなってしまうのでたるみや隈(くま)の原因にもなってしまいます。

これらの予防策としては、若いうちから眼輪筋を鍛えるトレーニングが効果的だと思います。

※私がお世話になっている美容鍼の先生にレクチャーして頂いた事をまとめてみました。

 

眼輪筋予防トレーニング

❶指で瞼(まぶた)をぐっと引き上げてそのままの状態のまま目を閉じます。10秒キープしたら指をはなします。反対側も同じ様に行います。

❷目に力をギュッと閉じて、5秒間キープした後思いっきり目を開きます。こちらも反対側も同様行います。(目が疲れたなと思ったら、簡単に出来るトレーニングなのでお薦めです)

❸軽く目を閉じてゆっくり眉を上げて、上瞼(まぶた)が引っ張られると感じる所で止めます。そのまま10秒キープして元に戻します。

これらを、眼輪筋の衰えを感じるもっと前から予防をしていれば、きっと今の私の様に悩む事はなかったと思います。




まとめ

若い頃は、目が大きい事はとても喜ばしい事でしたが、今は予防と改善に毎日試行錯誤中です。

私が、いつも思うのは周りの友人からシミ・シワ・ほうれい線などの悩みの話しは聞きますが、目の下のたるみについては、あまり聞いた事がありません。

目の下のくぼみやたるみがあるのに、そこは気にならないんだなぁと疑問に思っています。

気になる事があると、直ぐに調べたくなるのが私の悪い癖!(相棒の杉下警部補の口癖)

眼輪筋を鍛える事が、目の下のたるみの予防になると知るまでは、目の下のたるみに効果的な美容液など多数使用してみましたが、効果は感じられず。

一番効果を感じているのは、やはり日々の眼輪筋トレーニングです。

今、まだ目の下のたるみが気にならない方にも是非為になる情報になりましたら嬉しく思います。

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!


スキンケア

2020/9/23

試してみたシリーズ!フェイスシートスマスク VOL.1

フェイスシートマスクは、個別包装の商品がお勧め! 肌の状態を見て、週2・3回はフェイスシートマスクでスペシャルケアをします。 フェイスシートマスクは、何枚も入っていてジップロックの様な袋に入っている商品もありますが、手を入れる事で雑菌が入ってしまうそうなので、個別包装の気になる商品を色々試すのが好きです。 今回は、コスメが売っている所では必ず見かけてたり肌が綺麗な人がお薦めしている「MEDIHEAL」のフェイスシートマスクを試してみました。 MEDIHEALって? 韓国のブランドなんですが、保湿力の高さ・ ...

ReadMore

スキンケア

2020/9/23

本当に正しい保湿ケア、出来てますか?

知っているようで知らなかった!「秋枯れ肌にならない為の保湿方法!」   正しい保湿でエイジングケアって言われても、意外と知らない人多いですよね。確かに、化粧水で水分入れて油分で蓋をすれば良いんでしょう?と言われれば間違えではありません。 ただ、本当に美しい大人の肌ってどんな肌をイメージしますか? 私が思う、美しい大人肌は? ポイント ・潤い ・滑らか ・ハリ ・弾力 ・血色 が全てある肌の事だと思いますし、私も目指したい肌です。 そして、顔に手の平をあててそっと離すと、頬の皮膚が肌が手の平に吸い ...

ReadMore

スキンケア ボディケア

2020/9/21

大変!間違えた角質ケアをすると、どうなる?

知っているようで、知らなかった「角質ケア!」 実は、角質は肌にとって全く不要と言う訳では無く、必要なものなのです。 だからと言って角質ケアをを全くしないでいると、不要な角質が溜まってしまい、ザラつきやクスミの原因になってしまいます。 昨日の記事で、9月の肌状態について書きました。 詳細は、↓   角質とは? 角質は、皮膚の1番外を覆っている所で、人の皮膚は角質が何層にも重なった角質層できています。そして肌の生まれ変わり(ターンオーバー)をする事で、1番外側の角質は死んだ細胞になります。 不要にな ...

ReadMore

UVケア スキンケア

2020/9/20

本当に大丈夫ですか? あなたの9月の肌?

秋の気分になる9月も後半に入りました!  暑いからと言って、肌のお手入れをさぼってしまったり、雑になってしまったりしていると、秋に掛けて肌には様々な影響が出てきてしまいます。 もうすでに肌の乾燥が、、、と言う声もチラホラ耳にします。 残暑の肌荒れを秋本番に持ち越さない様に、しっかり丁寧なお手入れが大切ですし、9月の紫外線量は8月よりも減りますが、強さはまだ高い状態は続きます。 なので、引き続き日焼け止め・紫外線から肌を守る乳液・化粧下地・ファンデーションなどを活用し、油断をしない事が大切です。 &nbsp ...

ReadMore

boxing ウォーキング ヨガ 筋トレ&フィットネス

2020/9/20

あっ痛っ!久々に来た~! 身体中の筋肉痛と疲労度マックス!

その理由は、今週の私の運動量! 今朝は、全身の筋肉痛と疲労感がマックスの中、早朝4:30から5㌔のウォ―キングでした。 今も睡魔と筋肉痛と疲労感の中、blogを書いています! 疲れるなら運動しなければ良いと言われれば、それまでですが、そうではありません。 1週間自分で決めたトレーニングは、継続しないと逆にストレスになります。 そして、筋肉痛が酷く疲労感がある時には、栄養をしっかり摂り、運動はせずに身体を休ませて充分に休養させる事が必要です。(超回復の基本) 1週間、張ったトレーニングを効果的に身体に効かせ ...

ReadMore

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-エイジングケア, スキンケア

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5