UVケア シミ・シワ・保湿 スキンケア 老化

本当に大丈夫ですか? あなたの9月の肌?

  1. HOME >
  2. スキンケア >
  3. UVケア >

本当に大丈夫ですか? あなたの9月の肌?

1: 秋の気分になる9月も後半に入りました!

 暑いからと言って、肌のお手入れをさぼってしまったり雑になってしまったりしていると、秋に掛けて肌には様々な影響が出てきてしまいます。

もうすでに肌の乾燥が、、、と言う声もチラホラ耳にします。

残暑の肌荒れを秋本番に持ち越さない様に、しっかり丁寧なお手入れが大切ですし、9月の紫外線量は8月よりも減りますが、強さはまだ高い状態は続きます。

なので、引き続き日焼け止め・紫外線から肌を守る乳液・化粧下地・ファンデーションなどを活用し、油断をしない事が大切です。

 

1-1: 9月の肌状態は?

9月は、シーズン通して肌のトーンが1番くすんで暗くなってしまう季節なので、夏の紫外線でダメージを受けた肌は、気温の低下につれて乾燥していきます。(今、この状態の人多いと思います)

症状としては、以下の項目チェックしてみて下さい。

注意ポイント

・艶・滑らかさがない
・カサカサしている
・シミ・クマなどが目立つ肌
・ハリがない・くすんでいる
・敏感になった肌

秋になると、乾燥により肌の水分量が減ってしまうと、ターンオーバーも乱れてしまい、秋枯れ肌になってしまうかもしれません。

秋枯れ肌をそのまま放っておくとどうなると思いますか?

更に肌の乾燥は進んで、シミ・シワが目立ってきてしまいます。

 

1-2: 何故、肌の乾燥が進む事でシミ・シワが目立ってしまうのか?

強い紫外線を浴びてしまうと、肌の細胞の並びが不揃いになる様な状態になりがちになり、角質層の細胞が扁平で薄くなり細胞間に隙間ができてしまいます。

そうなると肌内部の水分が蒸発してしまって、乾燥してキメが乱れて肌触りがザラザラごわつきがでてきてしまいます。

角質層が乾燥して状態が良くないと、不要になった角質が剥がれなくなり、ターンオーバーが遅れてしまうので、メラニンが肌に停滞してくすみ・シミの濃さが目立ってくるのです。

なので、9月の今のスキンケアがこれから迎える冬に向かっていくのにとても大切なんです!

 

1-3: 秋枯れ肌にならない為のスキンケアは?

❶角質ケア
古い角質が残ってしまっていると肌のバリア機能・保湿機能に悪影響を与えてしまいます。結果、肌は分厚く・硬いくすんだ葉肌状態になってしまいます。

❷保湿を念入りに!
お化粧水を適量を丁寧にしっかりつけて、塗布した後はハンドプレスをすると効果的です。
夏と違って皮脂も足りない状態なので、美容液・乳液・クリームなどでしっかり蓋をする事が大切です。

❸胃腸を冷やさない

その詳細は、↓

 

1-4: まとめ

今年の夏は、本当に蒸し暑かったので何もしたくない人も多かったと思いますが、サボってしまったツケは必ずやってきます!

私の周りの友人も、あの時サボらないでやっておけば良かったと言う声は良く耳にします。

この9月の今でも今からきちんとケアすれば、秋枯れ肌にならなくても済むかもしれません。

これから季節に、乾燥肌で肌トラブルを予防したいのであれば是非、残暑の疲れを引きずったまま冬を迎えない事をお薦めします。

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!




 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いしますね!(^^)

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

 

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-UVケア, シミ・シワ・保湿, スキンケア, 老化

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5