エイジングケア 生活習慣 老化 食生活

必見! 日々の 食生活 次第で「見た目年齢」が変われるかも?

  1. HOME >
  2. 生活習慣 >
  3. エイジングケア >

必見! 日々の 食生活 次第で「見た目年齢」が変われるかも?

1: 体内年齢=見た目年齢

2度目の『緊急事態宣言』の発令の中、世間では在宅時間が増えている為、netではレトルトやインスタント食品のちょい足しレシピなどを紹介しているのをよく見かけます。

確かに、在宅勤務やテレワーク中のご主人様の3食事を作るのは、大変な事なので手間暇かけず、簡単に出来る物に頼りたくなる気持ちもよく理解出来ます。

ですが、このような時こそ、食生活を整え健康管理に留意し、生活習慣病コロナ太りなど、十分に注意をする必要があるのです。

食べる時間も不規則で、食べ過ぎや間食、更には夜寝る前に、欲望のままに食べてしまうと内臓に大きな負担をかけてしまう事になり、体内年齢が上がってしまいます。

 

1-1:  内臓に負担をかけてしまう理由

➊脂質の多い食事は、消化のはじまりが糖質やタンパク質に比べて遅いのです。

➋吸収に時間がかかります。

➌脂っこい食事は、腹持ちよく感じます。

➍消化に時間がかかり、腸の中に残っている為、胃腸に負担がかかります。

 

ココに注意

老ける食べ物ワースト3

・フランクフルト
・ベーコン
・フライドポテト

 

 

1-2: 何故これらを食べると、老けてしまうのか?

AGE(週末糖化酸化産物)という悪玉物質が大量に含まれていて、老化を促進させてしまうそうです。

老ける最大の要因は、酸化と糖化です!

 

ココに注意

糖化とは?

食品に含まれているタンパク質脂質が糖質と結びついてしまって劣化する事を言います。
その反応が、AGEという老化を促進させる物質が発生してしまうのです。

食べ物の例えで言えば、こんがり美味しそうな焼き色がついている、トースト・唐揚げ・ステーキなど焼き色がついている物には糖化が起こってしまいAGEが作られてしまうのです。

 

もっと詳しく

新陳代謝の早さが遅い場所ほど、AGEは溜まっていきやすく良からなぬ影響を及ぼしてしまうのです。
肌の奥にAGEがたまっていくと、弾力性や柔軟性を保つコラーゲン線維の機能が低下してしまい、シワが出来やすくなってしまいます。

肌が黄色っぽくてくすんでしまう人は、もしかしたらAGEの茶褐色の物質によるものかもしれませんね。

私が、普段内臓に負担をかけない為している事をお話しします。

ココがポイント

・脂質・糖質多めの物を食べる時は、昼までの時間にとる。
・食事をする時は、野菜もしくは、野菜たっぷりの味噌汁を飲んで、脂質・糖質の吸収を避けます。
・常に、食物繊維は意識的にとる。
・夜は、基本食べません。理想は寝る3時間前は消化機能に負担かけない為に、固形物を入れない方が良いです。

 

よくお腹空いて寝れないと、友人はいますが慣れます!

1-3 : 空腹感の重要性とは?

就寝時に、空腹状態だと、成長ホルモン(若さホルモン)が分泌されるそうです。

ココがポイント

若さホルモンを分泌させる3つの方法
・空腹
・筋トレ
・睡眠

 

この情報を知ってからは、実践をしてからはアラフィフ世代ですが、体内年齢は常に30代後半キープです。

18時以降、ほぼどうしてもお腹が空いてしまった時は、豆乳に甘酒とシナモンを入れて飲みます。

甘酒の甘さでほのかに甘くて、飲み終わるとお腹が満たされるので空腹は落ち着きます。

ただ22時以降に、毎晩温めたヨーグルトは食べています。

 

1-4:  何故22時以降にヨーグルトを食べるのか?

22時から翌2時が、腸内の働きが最も活発になる、「腸のゴールデンタイム」と呼ばれているのです。

なので、この時間にヨーグルトを食べて、腸の働きを更に促進させます。

ヨーグルト食べてから、暫くしてベッドに入って横になると、腸が活発になりお腹の音の大合唱です。

そして、寝る時は「あー、お腹空いたー!」と言いながら、眠りにつきます。

朝は、いつも胃はすっきりしていて、健康的な空腹状態です。

 

1-5:  まとめ

『緊急事態宣言』の今こそ、食生活を整え健康管理に留意し、生活習慣病やコロナ太りなど、十分に注意をする必要があるのです。

食べる時間も不規則で、食べ過ぎや間食、更には夜寝る前に、欲望のままに食べてしまうと内臓に大きな負担をかけてしまう事になり、体内年齢が上がってしまいます。

内臓に負担をかけてしまうと、体内年齢が上がってしまいます。

 

ココに注意

老ける食べ物ワースト3
・フランクフルト
・ベーコン
・フライドポテト

 

何故これらの、食べ物が食べると老けてしまうのか?

AGE(週末糖化酸化産物)という悪玉物質が大量に含まれていて、老化を促進させてしまうそうです。

老ける最大の要因は、酸化と糖化です!

ココがポイント

私が、普段内臓に負担をかけない為にしている事
・脂質・糖質多めの物を食べる時は、昼までの時間にとる。
・食事をする時は、野菜もしくは、野菜たっぷりの味噌汁を飲んで、脂質・糖質の吸収を避けます。
・常に、食物繊維は意識的にとる。
・夜は、基本食べません。理想は寝る3時間前は消化機能に負担かけない為に、固形物を入れない方が良いです。

 

上記の事を、実践していると体内年齢は老けないはずです。

何故なら、実践している私の体内年齢は、アラフィフ世代でも30代後半キープ出来ているからです。(自画自賛!上等!)

と言う事で、今日はサクっとこの辺で!

 

ブログ村ランキング

励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いしますね!(^^)

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

  • この記事を書いた人

maki

-エイジングケア, 生活習慣, 老化, 食生活

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5