UVケア スキンケア 紫外線対策

【要注意!】 梅雨時期 の 肌荒れの原因 とは? 紫外線対策 を意識した スキンケア!

2022年6月12日

  1. HOME >
  2. スキンケア >
  3. UVケア >

【要注意!】 梅雨時期 の 肌荒れの原因 とは? 紫外線対策 を意識した スキンケア!

2022年6月12日

1: 梅雨時期のスキンケアと紫外線対策

冬から春、そして梅雨の季節から真夏へと季節が変わるとき、貴方はスキンケアを変えていますか?

結論から言うと、特に大きな肌トラブルのない方であれば変える必要はありません。

ただし、赤みや、ヒリヒリするような肌を感じられる方は、気温と湿度が上昇する今の肌に悪い影響を与えてしまう季節には、今までのスキンケアを見直す必要があります。

 

このblogでは、こんな方へ向けての記事です!

知りたい人
Q.自宅に1日中いても、UVケア必要なの?
Q.なぜ季節が変わるときスキンケアを変えないといけないの?
Q.梅雨の季節のケアは?

 

今回は!

【要注意!】 梅雨時期の肌荒れの原因とは? 紫外線対策 を意識したスキンケア!

をテーマに、梅雨時期 の 肌荒れの原因にフォーカスをあててみました!

 

うっとうしい時期に入ったね~!
通りすがりのサル!

 

makipon
この時期も季節に合ったスキンケアが必要よ!

 

季節に合ったスキンケア?
通りすがりのサル!

 

makipon
勿論!

 

この記事を書いた人 makipon

1: 某一部上場製薬企業で「美肌アドバイザー」の仕事に従事し、その時の実績と経験を生かし、お金をかけず美肌でいられるblog (makipon.com)を発信  
2: 某一部上場企業のファッション業界に16年在籍し、店長としての経験を生かし顧客様のパーソナルスタイリストをやっています。
3: 音大を卒業し、現役ピアノの講師をやっています。
4: 自ら全身の筋肉をバランス良く綺麗に鍛える為、週に3回の筋トレを約5年間続けています。
5: 「ボディメイク インストラクター資格」2021年10月7日取得

 

 

 




1: スキンケアと紫外線対策

日中に外で日に当たらなければならない時には、前夜のスキンケアが大切です!

肌に水分が足りていない状態での外出は、夏に強い日差しと強い紫外線で、あっという間に水分が蒸発し肌に大きなダメージを与えてしまいます。

ですが、日頃から肌の水分量を意識してケアしていれば、大きなダメージは回避できます。

ただ、毎日ケアしていても一日中ハードな紫外線を浴びてしまうと台無しになってしまう事もありますのでご注意を!。

 

1-1: 洗顔とUVケア

1日中、家にいるからという理由で洗顔をされない方もおられるかも知れませんが、外出をしなくても朝洗顔とスキンケアでUVケアする事をお薦めします。

 

自宅に1日中いても365日UVケアをするのは必須です!

 

紫外線は年間通して降り注いでいる為、家の中にいても浴びてしまいますのでUVケアは必須なんです!

 

 

1-2: 紫外線と湿度の変化に注意!

6月~7月の梅雨時期に肌にもたらす悪い環境ってご存知ですか?

それは、紫外線と湿度です!

室内にいる時は、出来たら部屋にUVカットのカーテンをかける。

そして肌には日焼け止め・UVケアは必須です!

外出する際は、サングラス・日傘は必須アイテムで、日焼け止めは面倒でも2・3時間に一回は塗り直しをお薦めします。

 

ココがポイント

➊この時期は、梅雨で曇りや雨の日が多いですが、紫外線の強さは、真夏並みです。天候に関わらず、紫外線対策は必須です!

➋気温と湿度の上昇にともなって、皮脂・汗の分泌が増えてしまう季節なので、日々のケアで対策をしておく必要があります。

➌クーラーや、除湿の為に、エアコンを使い始めると、肌の隠れ乾燥(インナードライ)になるので、肌が潤う為のケアが必要です。

 

この季節に起こりやすい、肌の悩み!

・毛穴の開き
・化粧崩れ
・ベタつき
・ニキビ

 

それだけでなく、紫外線が強くなって、メラニンが過剰に生成されてしまう事で、

注意ポイント

・日焼け
・シミ
・そばかす

気になりますね!

ここで、SPFについてをお話しします。

 




1-3: SPFとは?

SPFは、紫外線B波(UVB)の防止効果を表す目安の指標の事で「Sun Protection Factor」の略です。

数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高く、最大50+(SPFが51より大きい)と表示されます。

ただし、塗り方が薄かったり、塗り方にムラがある場合は充分な効果を得られず、表示されている数値どおりの効果を発揮させることはできないので注意が必要です。

日焼け止めにSPFの表示ありますが、PAは、4段階になっています。

SPFは最大が50+で+の数が多い程、SPFの数値が高い程、ダメージを防ぐ事ができます。

ココがポイント

・日常の生活であれば、SPF20 PA++
・外出・屋外活動には、SPF30~40 PA+++
・日差しの強い中での活動には、SPF50 PA++++

を目安にすると良いと思います。

日焼け止めはこちらから!↓

 

1-4: 梅雨時期のケアは?

 

皮脂対策は、とても大切!

皮脂とは、皮脂腺からでる分泌物で、皮膚の表面に分泌した皮脂が自分の汗と混ざりあって、皮脂幕になり皮膚の表面を多い水分の蒸発を防いでくれます。
ですが、気温が上昇すると皮脂の分泌量が多くなります。
ケアは、丁寧に優しくクレンジングや洗顔ですが、過剰に分泌してしまう皮脂を取り去る事が対策になります。

 

紫外線から肌を守る

紫外線を長時間多量に浴び続けてしまうと、肌が日焼けをしてしまいます。生活紫外線と呼ばれているUⅤ‐Aを1時間浴びてしまうと、肌が少し黒くなった状態が続いてしまう。
長時間浴びてしまうと、肌の真皮の内側にある繊維芽細胞・コラーゲンにダメージを与えてシワ・たるみの原因になってしまいます。

 

1-5: 潤いケアは夏も継続

よく、この季節は肌のべたつきを感じると、潤っていると勘違いして、肌の手入れを疎かになりがちですが、エアコンの中にいる肌は、肌内部は乾燥状態に陥りやすいです。

水分は、蒸発するにで油分で蓋をしてしっかりと保護しましょう。

そして、いつもと同じ丁寧な基本のスキンケアは必須です!

ケアは?

肌が水分不足状態の肌には、保湿力の高い化粧水・美容液のケアが効果あり!

・セラミド
・ヒアルロン酸

 

高保湿成分の物がお薦めですよ!

某製薬会社で、美肌アドバイザーのお仕事をしていた時に、高温多湿の季節のスキンケアをお客様に聞くと、かなり多数の方が、「化粧水だけ」💦でした。

化粧水で水分を入れたら、油分で蓋をする事は必須です!

 




1-6: 日焼けしない為の予防策は?

正直、日焼け止め塗っていても、多少は焼けてしまいます。

事前にしっかりとケアしていても日焼けしてしまうとか、夏になるとシミが濃くなる人には、それなりの理由があるのかも知れません。

ただ、シミ・そばかすにさえならなければ、夏こんがり日焼けは健康的で良いと思っています。

 

1-7: 紫外線対策を意識したスキンケア

日焼け止めを2時間毎に塗る直しは、意識していないと忘れてしまいます。

やはり日頃からの丁寧なスキンケアが必要だと思います。

紫外線対策を意識したスキンケア

①紫外線が厳しい季節は、美白のライン使いをして、有効成分をしっかり入れ込む。

②化粧水は、よくバシャバシャと言いますが、化粧水が肌に入る量は決まっているので、重ね付けしているうちに最初につけた化粧水は、肌から蒸発していくので意味がないそうです。

③前夜と、その日の朝に美白のシートマスクを使ってしっかり潤わせます。日焼けをしてから慌ててシートマスクする人がいますが、それでは間に合いません。事前にしっかりとケアします。

④SPF50+・PA++++ 国内最高値の日焼け止めをむらなくまんべんなく塗り込みます。

⑤更にSPF50以上のBB(Beauty Balm)で肌を作って、美白パウダーで押さえて更に防御します。

⑥身体にも高数値の日焼け止めを忘れずに!

⑦日焼け止めは、めんどくさがらずに2時間おきに塗り直しをする。

⑧日焼け止めを塗り直しをしつつ、帽子・サングラス・ストールなどは必須アイテムです。

⑨もし汗でくずれた部分は一度オフします。美白美容液を塗ってからUVケアを塗り直す。

⑩日焼けしていなくても、夜のスキンケア+美容液を重ねて美白ケアをします。もしあれば、美白のナイトジェルを塗れば完璧だと思います。

 

これは、炎天下の中 外出する必要のある場合の紫外線対策を意識したスキンケアなので、基本 毎日行う事はありませんが、室内に1日中いる場合でも紫外線を浴びている事は意識してください!

 

2: まとめ

6月の肌にもたらす悪い環境を、健康な肌を保つ為に知っておく事は大切だと思います。

この肌に悪い季節は、スキンケアも見直す必要があります!

ココに注意

注意すべき事!
・紫外線
・温度
・湿度

この季節に起こりやすい、肌の悩み

・毛穴の開き
・化粧崩れ
・ベタつき
・ニキビ

それだけでなく、紫外線が強くなって、メラニンが過剰に生成されてしまう事で、

・日焼け
・シミ
・そばかす

怖い季節です!

ですが、上記の事を毎日丁寧にお手入れしていれば、予防と改善になると思います!

外出しなくてもUVケアは、年間通して必須ですが、出来れば肌に負担の少ない物で成分なども重視した方が良いと思います。

紫外線対策ができても、肌に負担がある物だったり基本のクレンジングと洗顔がきちんと出来ないと落としきれずに肌トラブルになりかねません。

自分の肌に合った物を選んで、肌への負担が少ない物を自宅用でも選ぶ事をお薦めします。

日焼け止めは、種類が沢山あるので、何を使用したら良いのか悩んでしまうと思います。

普段用に使用するのなら、コスパ良く肌に優しく、内容が優れている商品が良いと思います。

高い商品をケチケチ使用しても、日焼け予防にはなりません。

だったら、2時間置きに惜しみなく使用できる商品が良いと思います。

 

※今回のご提案は、あくまでも私自身が身をもって体験した結果であり万人の方が同じ試みを行っても、効果が必ずしも出るとは限りませんので、宜しくおふくみおきください。

 




励みになりますので、下のボタンのクリックを是非、宜しくお願いします😉

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 女のダイエットへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

イイね!評価のお願い!

 

記事を読んで頂き有り難う御座いました。

コンパクトで短めの記事ですが、これでも一生懸命綴りました。

是非、記事の評価を宜しくお願い致します。

 

  • この記事を書いた人

maki

-UVケア, スキンケア, 紫外線対策

© 2020 makiponの美容・健康・おすすめ!「ここだけ」の話 Powered by AFFINGER5